明大・山崎福也投手に11球団視察、6回に崩れるも巨人などが1位候補評価

2014年大学野球秋季リーグニュース 大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 明治大vs法政大の第2戦に、ドラフト1位候補の明大・山崎福也投手が先発し5回まで1安打5奪三振の快投を見せた。6回に崩れて敗戦投手となったが、視察した11球団のスカウトは高い評価をした。

最速146km/hで5回0失点

 山崎福也投手は「調子は挙がってきていると思う」と話す通り、5回までは最速146km/hの速球に、得意のカーブ、スライダーなどで1安打5奪三振で無失点と完璧な投球を見せた。

 しかし6回、内野手が飛球をお見合いしてヒットになってしまうと、2番・代打畔上翔選手のレフトフライをレフトが取れずに2ベースヒットになり1失点、その後、四球を出した後でショートゴロの間に1点、タイムリーで1点と3失点をしてしまう。

 7回も先頭打者に3ベースヒットを浴びた後でタイムリーヒットを浴び、ここで降板した。6回1/3を投げて6安打6奪三振2四死球で5失点という内容だった。

 

プロのスカウト評価

 敗戦投手となったがこの日視察した11球団のスカウトは、評価は高い。巨人の山下スカウト部長は「腕もしっかり振れていた。元々緩急がつけられるし、もちろん1位候補の投手」と評価した。

 今季はこれで4試合目の登板となり、まだリズムを乱してから持ちこたえられないなど実戦不足の面もあるが、徐々に良いものが出てきている。球速は最速149km/hではあるが、カーブ、スライダー等を駆使した変化球を組み合わせた実戦的な投手であり、ストレートで「ものすごい」と感じさせるタイプの投手ではない。

 それでも左腕では今年のドラフトでトップクラスと言って良く、昨年の岩貞祐太投手と同じかそれ以上の評価はできる。長身左腕という事も加味して、球団によっては単独1位指名を狙う所もあるかもしれない。

 不調で先発から外れた開幕時に比べれば「調子は上がってきていると思う」という自覚はある。この日は11球団のスカウトが視察。巨人の山下スカウト部長も「(前半は)腕もしっかり振れていた。もともと緩急がつけられるし、もちろん1位候補の投手」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント