埼玉西武がドラフト2位指名の千葉国際・相内誠投手に指名挨拶

相内誠, 千葉国際

 埼玉西武がドラフト会議で2位指名した千葉国際・相内誠投手に指名挨拶を行った。相内投手は今年の夏は登板機会の少ないま3回戦でチームが敗れてしまったが、プロ11球団にメジャーも視察に訪れるなど注目度の高い投手だった。

 185cmの長身から球速は145kmも注目されたのは球速ではなく、肘のしなりが素晴らしく軽く投げているように見えて伸びてくる速球にある。このフォームのままで成長することができれば非常に楽しみな投手。

 房総のダルビッシュと呼ばれた相内投手は「2位で指名されたけど入ったら順位は関係ないと言われ、その通りだと思った。しっかり数字を残したい」と話し、ライバルになにわのダルビッシュ、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手の名前を上げた。「自分も何かしら勝っているところはあると思う。負けたくないし超えたい」と話した。

 家庭の事情で中学校1年生から養護施設で育ち「それを忘れさせてくれたのが野球でした」と話す相内投手は、プロで活躍し養護施設に恩返しをすることを考えているとのこと。プロ野球で活躍して夢を与えることがなによりの恩返しとなるでしょう。がんばれ!

 

 「2位で指名されたけど“入ったら順位は関係ない”と言われ、その通りだと思った。しっかり数字を残したい」

 家庭の事情で中1から千葉県内の児童養護施設で育った。両親と暮らせないつらさ。唯一「それを忘れさせてくれたのが野球でした」という。施設の職員からは、投球練習で壊れた壁を修復してもらうなど、さまざまな面で支えてもらった。相内は必死に練習に取り組み、高校へ進学。今夏の千葉大会では、3回戦敗退も、上位指名を手にした。

 「プロの試合で活躍することが一番の恩返し」。そんな相内の境遇を聞いた渡辺監督は「タイガーマスクみたい。背負う物が大きい子はプロでも頑張れるよ」。タイガーマスクの主人公・伊達直人も児童養護施設で育ち、子供たちのヒーローになった。今度は相内自身が夢を与える番だ。

  ナニワのダル・藤浪、岩手のダル・大谷とは違い中央球界では無名だが、素質は十分だ。フォーク、カーブ、スライダー、カットボールと“本家”のように多彩な変化球を操る。「藤浪君に勝てるところも何かしらある。制球と変化球。打者のタイミングを外すテクニックには自信がある。まだまだ伸びると思います」と対抗心をむき出しにした。

 

 さらなる成長への第一歩は「おかわり」だ。体重は68キロと細身。東北高時代細かったダルが、プロで大きな体を作り上げたのが手本だという。「すぐにおなかいっぱいになるので、回数をわけて食べてしっかり肉をつけていきたい」。近い将来、体重を10キロ増やし、直球も150キロ台に乗せるつもりだ。


PAGE TOP