埼玉西武、ドラフト2位指名・相内誠投手と2度目の面談へ

埼玉西武ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 埼玉西武はドラフト2位で指名した千葉国際高校・相内誠投手と25日に2度目の面談を行うと発表した。

 鈴木葉留彦球団本部長は今回も「その場ですぐにということではない」と話し、あくまで面談が目的で入団交渉ではないと話した。相内投手には道路交通法違反の刑事処分がまだ出ておらず、出るまでは入団交渉はしないと明言している。

 度々書いているが、個人的にはプロ入りして欲しいという思いがある。プロの世界でも誘惑は多いと聞き、プロのスカウトも「私生活を乱して野球選手として成功せず退団する選手も多い」と話す。たぶん今よりも自由になるし、お金も持つようになるし、正直不安である。でも、手が掛かったプロ野球の夢を今失ってしまうと、目標が無くなってどこかに行ってしまいそうで、その方が不安だ。プロ野球で良い出会いがあることを期待したい。

 

【西武】ドラ2・相内と25日に再面談 - スポーツ報知:2013/2/23

 西武・鈴木葉留彦球団本部長(61)は22日、ドラフト2位で指名し、昨年12月に道交法違反(無免許運転、速度超過)の疑いで千葉県警に摘発された千葉国際高・相内誠投手(18)と、25日に2度目の面談を行うことを明かした。

 相内にはまだ刑事処分が出ておらず、入団交渉は凍結されたまま。反省ぶりを見極めた上で、刑事処分が出た後にも交渉を再開し、入団を許可することになりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント