埼玉西武・森友哉捕手、読売・小林誠司捕手、ドラフト1位捕手に指名挨拶

小林誠司, 大阪桐蔭, 日本生命, 森友哉

 ドラフト1位指名された大阪桐蔭・森友哉捕手、日本生命の小林誠司捕手に指名のあいさつが行われた。

埼玉西武ドラフト1位・森友哉捕手

 埼玉西武からドラフト1位指名された森友哉捕手は鈴木葉留彦球団本部長などから指名挨拶を受けた。森選手は「1軍のレギュラーを獲るためには炭谷さんを目指していかないと。1年目からスタメンに入る気持ちで臨みたい」と1年目から勝負である事を語った。また、「阿部さんは一番の理想であり、目標です。打つのもリードも全体的にすごい」と巨人・阿部慎之介捕手のように打てる捕手を目指す。

 中学時代に甲子園に出場していた菊池雄星投手の練習を甲子園近くにある鳴尾浜球場に見に行った事があり、「菊池さんの球を受けてみたい。いつも思い切って投げていて気持ちがこもっている」と憧れの投手とバッテリーを組む事が夢だ。

読売ドラフト1位・小林誠司捕手

 日本生命の小林誠司捕手には原沢敦球団代表と山下スカウト部長などが指名挨拶を行った。イケメンがドラフト会議前後から話題となっているが、山下スカウト部長は会うなり「格好いいなあ」と惚れた様子を見せた。

 しかし小林捕手は「人並み以上のことをやっていかないと」と心配性振りを見せた。また原沢氏は「入団すれば順位は関係ない。あとは本人の努力次第。与えることはしない」と特別待遇はしない方針を示した。

 西武から1位指名された大阪桐蔭の森が大阪府内の同校で鈴木葉留彦球団本部長から指名あいさつを受け「阿部さんは一番の理想であり、目標。全てにおいて凄い」と巨人・阿部を目標に掲げた。

 球団は正捕手の炭谷とのレギュラー争いに期待を寄せている。森も「1軍のレギュラーを獲るためには炭谷さんを目指していかないと。1年目からスタメンに入る気持ちで臨みたい」と正妻に挑戦状を叩きつけた。「菊池さんの球を受けてみたい。いつも思い切って投げていて気持ちがこもっている」と目を輝かせた森。背番号は未定だが、阿部と同じ「10」は現在空き番号となっており、森が背負う可能性もありそうだ。

 若獅子の瞳が輝いた。「阿部さんは一番の理想であり、目標です。打つのもリードも全体的にすごい」。森は高校通算41発のスラッガー。高校JAPANの主将として挑んだ9月の18U野球W杯(台湾)では、木製バットにも対応して32打数13安打、打率4割6厘、15打点で打点王に輝いた。慎之助のように勝負強く、長打を打ち、打率を残せる捕手になれる逸材だ。

 夢は菊池とバッテリーを組むこと。「気持ちのこもった球を投げ込めている。あのボールを受けてみたい」。中学時代、花巻東のエースとして甲子園に出場していた雄星の練習を、甲子園近くにある鳴尾浜球場に見学に行った。憧れはもうすぐ、現実になる。

 俳優・玉木宏似の端正なマスクは、同席した巨人・山下スカウト部長も「格好いいなあ」とつぶやいたほど。インターネット上などでも話題になった。これだけの美男子ともなればプロ入り後、誘惑も多そうだが、夜遊び、合コン、恋愛は一切封印の覚悟。「人並み以上のことをやっていかないと」と野球だけに集中する決意を口にした。

 ドラフト直後、大学時代に日本代表でともに戦った菅野から「おめでとう。待ってるよ」と祝福メールが届き「覚えててくれたんだと思ってうれしかったし、ちょっと安心した」と心強さも増した。原沢敦球団代表兼GMは「入団すれば順位は関係ない。あとは本人の努力次第。与えることはしない」とし、1位でも優遇はなし。雑念を振り払い、自らの手で正捕手の座をつかむ。

 巨人は28日、原沢敦球団代表らが大阪府吹田市の日本生命クラブハウスを訪ね、ドラフト1位指名した小林誠司捕手にあいさつした。阿部の後継者に期待される小林は「普通の努力では正捕手になれない。人並み以上にやらなければいけない責任がある」と自覚十分に話した。

 ともに同学年で、大学日本代表時と広島・広陵高時代にそれぞれバッテリーを組んだ菅野(巨人)と野村(広島)には指名を祝福されたという。「菅野はもう一度受けてみたい。野村と本気の勝負がしたい」とプロ入りが待ち遠しそうだった。原沢代表は「阿部君のDNAを引き継ぎ、少しでも長く正捕手としてやってほしい」と述べた。


PAGE TOP