埼玉西武がドラフト1位の斉藤大将投手に指名あいさつ

斉藤大将

埼玉西武は、ドラフト1位で指名した斉藤大将投手に、渡辺SD、前田編成部育成アマ担当部長、竹下スカウトがあいさつを行った。

左腕を獲得

埼玉西武は今年のドラフトで、JR東日本の田嶋大樹投手を指名したものの抽選でオリックスに獲られ、次の指名で安田尚憲選手などが残っていたものの、斉藤大将投手を指名した。左腕投手獲得を優先していた。

その斉藤投手にこの日、首脳陣などが指名あいさつをおこない、渡辺SDは「ウチは左の先発投手が菊池1人で、どうしてももう一枚ということで。」と指名理由を話し、「斉藤選手はすばらしい投手で、チャンスも多いと思う」と期待をかけた。

斉藤投手は今年の日本シリーズで、横浜DeNAの2年目・今永昇太投手や1年目の濱口遥大投手がソフトバンクを相手に好投しているのを見て、「チェンジアップを大事に使っている。これからの自分にとっても必要な部分、取り組んでいかないと」とチェンジアップに磨きをかけることを誓った。

左の先発として先発のチャンスをかなり与えられると思う。そのチャンスをしっかりつかみ取ることができるか、1年目から注目したい。

2017ドラフト指名選手

冒頭に渡辺SDは、「ウチは左の先発投手が菊池(雄星)1人で、どうしてももう一枚ということで(指名した)。斉藤選手はすばらしい投手で、チャンスも多いと思う」と西武が獲得に至った理由を説明し、これに斉藤は大きくうなずいた。


PAGE TOP