日大三、明徳義塾、おかやま山陽が優勝し明治神宮大会、センバツ出場へ

明徳義塾, 日大三, おかやま山陽, 日置航, 市川悠太

秋季高校野球は東京大会で日大三が佼成学園に逆転で勝利し、中国大会ではおかやま山陽が下関国際に大逆転勝利、四国大会は明徳義塾が英明に2-1で勝利して、明治神宮大会出場を決めた。

明治神宮大会出場

日大三は3-4と1点ビハインドで迎えた9回表、ノーアウト1,3塁のチャンスを作るとプロ注目の日置航選手が同点タイムリーヒット、その後、打者13人の猛攻で一挙に8点を奪った。その裏に1点を失ったものの11-5で優勝し、明治神宮大会出場を決めた。日置選手はこの日は4安打2打点を記録、9回の打席については、「焦りがあった中、九回は打線をつなげば大丈夫だと思った。」と話した。昨年からレギュラーとして出場し、早稲田実の前に涙を飲んでいた日置選手は、「去年から試合に出ている。同じ負けはできなかった」と話した。

明徳義塾はこの日もプロ注目の145キロ右腕・市川悠太投手が先発し、英明打線を9回5安打8奪三振1失点に抑える。その1点が重く9回まで0-1とビハインドだったが、9回に味方が同点に追いつくと、市川投手が勝ち越しの2ベースヒットを打った。市川投手は明治神宮大会について、「今の自分の力が、全国相手にどれくらい通用するか試したい」と話した。

おかやま山陽は7回を終わった時点で3-11と大差をつけられていた。しかし8回に3点を返すと、9回に5点を奪い同点に、そして延長10回裏にサヨナラで大逆転勝利をした。

3試合とも決勝は9回に劇的な展開で逆転勝利をした。

注目選手そろう明治神宮大会

11月10日に開幕する明治神宮大会出場チームは次の通り。

北海道 駒大苫小牧
東北  聖光学院
関東  中央学院
東京  日大三
東海  静岡
北信越 日本航空石川
近畿  大阪桐蔭
中国  おかやま山陽
四国  明徳義塾
九州  創成館

大阪桐蔭の根尾選手や藤原選手、柿木投手や、明徳義塾の市川投手、中央学院の大谷投手、創成館の川原投手、伊藤投手、聖光学院の矢吹栄希選手などの注目選手に、破壊力抜群の日本航空石川などが出場する。目が離せない大会となりそうだ。

「自分で取られた点は自分で取り返そうと思った。変化球を狙っていました」

 初球の高めスライダーを振り抜くと、打球は左翼手の頭を越えた。チームを連覇に導く勝ち越し二塁打。沸き上がるベンチに向かって、市川はガッツポーズを決めた。

 投げては5安打1失点、8奪三振の好投。二回に1点を先制されたが「自分が抑えてリズムをつくろうと思った」と逆転を信じ、追加点を与えなかった。この秋は高知大会初戦から全7試合、53イニングを1人で投げ抜いた。プロからも熱視線を浴びる最速145キロ右腕が、前評判通りに大会の主役を演じ切った。


PAGE TOP