埼玉西武が新入団選手発表、選手の推定年俸、背番号と活躍予想

埼玉西武ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

埼玉西武はドラフト会議で指名された10選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

埼玉西武2018年入団選手一覧

順位選手名位置出身身長体重投打契約金年俸背番号
1松本航日本体育大176cm84kg右右10000150017
2渡邉勇太朗浦和学院190cm90kg右右700060012
3山野辺翔三菱自動車岡崎170cm74kg右右600012004
4粟津凱士東日本国際大180cm80kg右右4000100026
5牧野翔矢遊学館178cm77kg右左250060038
6森脇亮介セガサミー175cm70kg右右3000100028
7佐藤龍世富士大174cm81kg右右200060031
育1東野葵日本経済大183cm77kg左左350400125
育2大窪士夢 北海198cm89kg右右350280126
育3中熊大智 徳山大176cm87kg右左350400127

 新人選手の横顔

ドラフト1位・松本航選手 期待度1年目:☆☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

唯一の単独1位指名となり、投手では今年のドラフトNO.1となった。首都大学リーグ通算30勝と300奪三振を記録し、菅野智之投手クラスの成績を残す。ゆったりと足を上げるフォームから、急加速して投じられるストレートは140キロ後半を記録し、そこからストンと落ちるフォークボールがある。また、明石商時代からエースとして投げ、大学でも1年生から4年間を大きな故障もなく投げ切った事はすごいことで、身体もそれほど大きくないが4年生になっても力が落ちずに乗り切った事は、プロでも長い間、プレーできる身体や精神的な強さがある。1年15勝という爆発力というよりは、毎年コンスタントに10勝前後を挙げてくれる投手になると思う。

ドラフト2位・渡邉勇太朗選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆☆

190cmの長身から大谷翔平投手似のフォームで140キロ中盤の速球を投げる。そして特筆すべきは変化球のスピードで、沈む球もスピードがあり、バッターの手元で変化する。これで球速が150キロを超え、1レンジ上になってきたら、とんでもない投球をするのではないかと思う。3年目には12勝くらいを期待しても良い。高校では一度悩み、寮から飛び出したことがある。精神的に穏やかな所がありそうで、その点が心配ではあるが、周りがしっかりと見て育ててほしい投手。

ドラフト3位・山野辺翔選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

源田選手と同じく、守備のうまい選手。西武の内野手の評価は、安定した送球ができる選手が高くなり、打撃は源田選手のようにプロに入ってからも伸びるとしている。山野辺選手はまさにその選手で、守備の良い選手、良い送球ができる選手という事でドラフト3位で指名された。ショートは源田選手がいるが、浅村選手が抜けるセカンドで144試合をフル出場するように、打撃を磨くことができるか。

ドラフト4位・粟津凱士選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

球速は140キロ前半が多いが、キレの良さと、西口投手、岸投手のような球質の良さを持ち、シンカーなど変化球の質も高く、エースの船迫選手よりも高く評価されて指名された。腕の振りも良い選手で、プロ入り後の上澄みも期待されての事だと思う。パワー系の投手が多い中で、スマート系の投手として、ローテーションの4番手あたりを担い、投手陣全体を支える存在になりたい。

ドラフト5位・牧野翔矢選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

二塁まで1.8秒の強肩は遠投115m、球速は142キロを記録する。15本塁打のパンチ力も十分で複数のプロ球団が注目した選手。まだまだ素材という感じで大きな実績は高校では残せなかったが、この選手は3年という期間をしっかり保障して育成をしてゆきたい。森選手のFAが近くなるころに、実力派捕手として台頭してきてほしい。

ドラフト6位・森脇亮介選手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆

セガサミーで昨年もドラフト候補として名前が挙がっていた。リリーフとして150キロを超す速球を投げる力があり、高めのストレートは非常に伸びがある。ただし高めの多い投球は課題となる。ドラフトの旬は逃したかと思われた今年に、さらに良くなり、リリーフでは社会人屈指の存在だった。リリーフ陣の弱い西武で、1年目から大いに期待をされている選手で、今年50試合以上で投げることができれば、長いプロ野球人生にすることができる。

ドラフト7位・佐藤龍世選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

打撃センス抜群で、フルスイングでもしっかりコンタクトでき、大学3年春は打率.500、3本塁打10打点で二冠を獲得した。先輩の山川選手などが活躍する中で、特に打撃センスを生かしてアピールしたい。

育成ドラフト1位・東野葵選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

183cm77kgの身長のある左腕で、球速も146キロを記録する。大学4年間でまだまだ伸びを見せており、プロでも体重が85kgくらいまで増えてきたとき、150キロの球を投げる投手になりそうだ。これだけの素質を持ちながらここまで実績がない所が課題だが、まずは投げる球の威力でアピールし、自分に自信をつけたい。

育成ドラフト2位・大窪士夢選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

198cmの超大型投手、まだまだ素材で高校ではリリーフで登板、これからどんな変化を見せていくか。

育成ドラフト3位・中熊大智選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

九州学院から徳山大に進んだ捕手、強い打撃も見せるが、まずはブルペンでしっかりとした捕球と送球を見せてアピールしたい。

埼玉西武ライオンズ、過去のドラフト指名一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント