西武ライオンズのドラフトの狙い(2019)

2019年度の12球団のドラフトを予想、埼玉西武編。

チーム状況

〇タイプ:バランス型
〇監督:内野手出身、攻守バランス型
〇決定者:渡辺久信GM、潮崎編成グループディレクター
〇補強ポイント:先発投手、左投手、内野手、外野手
〇近況:昨年ドラフト前に現場より「源田が故障したらバックアップがいない」という声が出ていた。その後、浅村選手もFAで移籍し、投手とともに内野手の補強を目指す。

埼玉西武はFAで選手が流出するチーム。片岡選手、涌井投手、岸投手、野上投手が抜け、そして浅村選手、炭谷選手もFAで移籍、菊池雄星投手もポスティングでメジャーに移籍と、先発ローテーションの投手が抜け続け、内野を守りチーム打点王の選手が抜けていった。そしてこちらも要である秋山選手も今年FA権を獲得し、メジャーまたは国内球団への移籍が有力とみられる。

そのような中で現場やファンからは当然、抜けた選手の穴を埋める選手の獲得の希望の声が出るが、渡辺GMはドラフトと補強ポイントは切り離して考えており、補強ポイントは外国人などを見て、ドラフトでは将来を見て指名をすることを口にしている。

これまでのチームメンバーを見ると、菊池、浅村、中村、栗山、森、炭谷、今井といった高校生出身の選手と、秋山、源田、山川、外崎、多和田といった大学生・社会人の選手がバランスよく組み合わさっており、バランスを重視する。昨年は松本航投手の単独指名、2017年は斉藤大将投手と2年連続で大学生投手の1位指名となったが、2016年・今井達也投手、2014年・高橋光成投手、2013年・森友哉捕手とドラフト1位で高校生を指名している。

補強ポイントとしては、防御率がリーグ最下位となり、さらに菊池も抜けた投手陣が挙げられる。2017年は清宮、安田選手などに興味を示しながらも田嶋大樹、そして斉藤投手を指名、2018年も根尾選手、藤原選手などに興味を示しながらも辻監督の要望により松本投手の単独1位指名となった。ただし、投手のドラフト1位指名は5年連続となっており、それらの選手が結果を残すことを期待する時期でもある。

現場からは、源田選手が故障などで離脱した時にバックアップする選手がいないという声もあり、さらに浅村選手が抜けた事から、再び内野手の補強が課題となっている。ドラフト3位ルーキーの山野辺翔選手を獲得し、2017年ドラフト2位の西川愛也選手を内野で育てているが、ここ数年のドラフトで全体的に内野手の指名は少なく、内野手は最も優先される可能性がある。

また、外崎選手が内野に移るとなり、秋山選手のFAも考えると、外野手も必要になる。愛斗選手や鈴木将平選手などの候補もいるが、そろそろ結果を出さないといけない年齢でもあるし、秋山選手の穴はあまりにも大きい。

捕手は森選手を中心に岡田選手、そして近年は捕手の指名が多く、その中で3年目を育てていくが、炭谷選手は昨年に試合数も多く出ており、それが抜けた事はやはり大きい。リリーフ陣も厳しい状況だがこちらは外国人選手やベテランをやりくりしていくしかない状況。パリーグ制覇をしたものの、全般的に補強が必要な状況となっている。

ポジション

捕手:炭谷、森、岡田
一塁手:山川(固定)
二塁手:浅村(固定)
三塁手:中村(ほぼ固定)、外崎
遊撃手:源田(固定)
外野手:秋山、外崎(ここまでほぼ固定)、栗山、金子、木村、斉藤

先発投手:菊池、多和田、榎田、十亀(ここまで固定)、今井、ウルフ、カスティーヨ、榎田、高橋光、高木、郭 
リリーフ投手:増田、平井、カスティーヨ、ヒース、野田、マーティン、伊藤翔、武隈、小石

ドラフト候補は

内野手の候補は、昨年の根尾選手、小園選手のような目玉選手はやや少ない。しかし、地元で獲得選手の多い花咲徳栄の韮澤雄也選手の指名は有力かもしれない。またパンチ力のある埼玉栄の和田康平選手も地元の逸材、桐蔭学園の森敬斗選手、駿河総合の紅林弘太郎選手、智弁和歌山の黒川史陽選手、東邦の石川昂弥選手などはしっかりと見ていくと思う。

大学社会人ではショートでは早稲田大の檜村篤史選手、近大の中川智裕選手、日本通運・諸見里匠選手、鷺宮製作所・土谷恵介選手などがおり、プロでもショート、セカンドでプレーができそうだ。中川選手はパンチ力あるショートで、浅村選手のようなタイプになれるかもしれない。打撃では国際武道大の勝俣翔貴選手が力があるが、サード、ファーストとなりそうで、現在の主力とポジションが重なる可能性がある。

外野手では慶応のプリンス・柳町達選手、近大の二刀流・谷川刀麻選手、日本通運の身体能力抜群の佐藤広之選手などを見ていくことになるが、決め手があるかどうか。それによっては高校生の酒田南・伊藤海斗選手、静岡の斎藤来音選手、地元・花咲徳栄の橋本吏功選手などを見ていくかもしれない。

ただし現時点で内野手・外野手で目玉候補が少なさそうで、やはり今年は目玉の多い投手か捕手が1位指名となりそうだ。奥川恭伸投手、佐々木朗希投手、及川雅貴投手、西純矢投手のBIG4、または捕手で近江の有馬諒選手、智弁和歌山・東妻純平選手、慶応大・郡司裕也選手、東海大・海野隆司選手、東洋大の佐藤都志也選手、立教大の藤野隼大選手という所が挙がってきそう。及川投手は千葉から横浜高校の涌井投手と同じライン、菊池2世として最上位に持ってくる可能性もある。佐藤選手は打撃と抜群の肩があり、捕手としてもそうだが外野手として上位で狙ってくる可能性もある。

または斉藤投手の後輩、明治大の森下暢仁投手や、田嶋投手を狙ったJR東日本の太田龍投手も候補となる。そしてリリーフエースになる可能性が高い東北福祉大の津森宥紀投手も獲得候補に挙がってきそうで、2年連続で即戦力投手の単独1位指名という事になるか。左腕投手にこだわるならJFE西日本の河野竜生投手も挙がってくる。

その他では地元では春日部共栄・村田賢一投手の名前も挙がる。高校生投手はドラフト上位以外ではあまり指名が多くないため、日大三・井上広輝投手と広沢優投手、木更津総合・根本太一投手、菰野・岡林勇希投手、社・藤本竜輝投手、有明・浅田将汰投手クラスの選手は指名の可能性があるが、それ以外では即戦力が中心となりそう。その中で明治大の伊勢大夢投手、東海大の原田泰成投手、立命大の福島滉貴投手、近大の村西良太投手などの力のある投手に注目してゆきそう。

1位、2位指名予想

  1位 2位
パターン1 及川雅貴 郡司裕也
パターン2 森下暢仁 津森宥紀
パターン3 佐藤都志也 河野竜生

埼玉西武ライオンズのドラフト会議ページ
2019年のドラフト候補


PAGE TOP