ドラフト会議当日の千葉ロッテ関連ニュース、千葉ロッテ急転!?東京ガス・石川歩投手指名も

東京ガス, 石川歩, 松井裕樹, 桐光学園

 本日がドラフト会議、今朝の千葉ロッテに関するドラフト関連のニュースをまとめます。情報が入り次第、更新していきます。

スポーツニッポンが千葉ロッテ急転・東京ガス石川歩投手指名と報じる

 1時間半行われた千葉ロッテのスカウト会議終了後に伊東監督が出てくると、左投げのジェスチャーをした後に「鏡に映したら右やな。どうや、この切り替えし」と話した事から、1位候補を右腕投手に変更したと見られるとしている。その後、「是非一緒にやりたい」と松井投手に対してメッセージを送ったものの、東アジア大会で4試合に登板し優勝したことや今年1年間で大きく成長した事などを伊東監督が高く評価したといい、1年目から先発ローテーションにも入れる石川歩投手の指名が有力としている。

 林球団本部長は「大体の方向性は出した。最終的に会議の直前に決める」としている。

他紙は桐光学園・松井裕樹投手と報道

 ニッカンスポーツなど他紙は伊東監督が松井投手の評価は不変としており、「運は強くないけど、運命的な出会いに期待したい」と語った事から松井裕樹投手の指名が有力としている。

即戦力捕手を指名へ

 さらに伊東監督は「CSで捕手の重みを感じた。いい捕手にめぐり合えたら」と捕手の補強も示唆した。候補としては立正大・吉田裕太捕手と福岡大・梅野隆太郎捕手をリストアップし、これまでには亜細亜大・嶺井博希捕手や、日本生命・小林誠司捕手の名前も挙がっている。

 QVCマリンで行われたスカウト会議。約1時間半後に出てきたロッテ・伊東監督は、おもむろに左投げのジェスチャーをしてみせた。桐光学園の左腕・松井を連想させた後、不敵に笑った。

 「鏡に映したら右やな。どうや、この切り返し」。この謎かけ。「右」とは即戦力右腕のことを指している。10日のスカウト会議では松井の1位指名を公言。「ぜひ一緒にやりたい」とラブコールを送ったが、実は方針転換していた。松井の将来性よりも、1年目から先発ローテーションを任せられる即戦力投手に白羽の矢を立てた。1位指名は東京ガスの150キロ右腕・石川が濃厚だ。

 「完投能力のある投手が欲しい。(今季は)完投が3人しかおらんかった。中継ぎと後ろは、来年はとてもじゃないけどもたない。時間が許してくれる状況じゃない」

 石川は1メートル86の長身から、繰り出す150キロを超える直球と鋭いカーブが武器の本格派だ。滑川(富山)で甲子園出場経験はなく、中部大を経て、東京ガスに入社。3年目を迎え、大きく飛躍した。今月上旬の東アジア大会(中国)でストッパーとして4試合に登板し、優勝の立役者になった。伊東監督もスカウト会議の場で映像をチェックした上で能力を高く評価。指揮官の意向を最大限考慮することが球団の基本方針であり、石川の存在感が増していった。

  ロッテは即戦力捕手を上位指名で獲得する。

 有力候補は立正大・吉田と福岡大・梅野。吉田は強肩と強打が魅力。大学日本代表の経験もあり「ポスト里崎」の候補だ。スカウト会議で伊東監督は捕手強化の必要性を強調。「短期決戦で捕手の重みを感じた。勝つためにはそこの補強が必要になる」。昨年のドラフトでは光星学院(現八戸学院光星)の田村を指名。林信平本部長は「若い捕手はいるので、すぐに中心になれるような捕手が必要」と説明した。

【ロッテ】外れ1位は日本生命・小林 - スポーツ報知:2013/10/24

  ロッテが23日、QVCでスカウト会議を行い、ドラフトで1位指名予定の桐光学園・松井をクジで外した場合、日本生命・小林を外れ1位で指名する方針であることが分かった。

 会議終了後、報道陣の前に現れた伊東勤監督(51)は、左投手の投球フォームを披露した後に捕手の構えを見せ、ジェスチャーが指名順であることをほのめかした。「基本的には意向に沿ってもらっている。即戦力投手は補強ポイントの一つだし、即戦力捕手も欲しいね」

 10日のスカウト会議では松井を1位指名する方針を固めたが、競合は必至だけに、外れ1位候補の選考も重要な検討課題だった。「来年、勝つことを考えれば、腰を据えて守れる捕手も必要」と指揮官。しっかりと準備を整え、ドラフトに臨む。

松井、5球団競合か - ニッカンスポーツ紙面:2013/10/24

 


PAGE TOP