ドラフト会議当日の巨人関連ニュース、桐光学園・松井裕樹投手の1位指名再浮上

小林誠司, 九共大, 大瀬良大地, 吉田一将, JR東日本, 日本生命, 東京ガス, 石川歩, 松井裕樹, 桐光学園

 本日がドラフト会議、今朝の巨人に関するドラフト関連のニュースをまとめます。情報が入り次第、更新していきます。

スポーツ報知1面は巨人再浮上、桐光・松井

 スポーツ報知は1面で、巨人のドラフト1位候補に桐光学園の松井裕樹投手が再浮上したと書いている。巨人は23日もスカウト会議を開き、ドラフト1位候補を、九州共立大・大瀬良大地、東京ガス・石川歩投手、日本生命・小林誠司捕手と松井投手の4人に絞り込んだ。その中で競合を避けたいとは思うものの、やはり松井裕樹投手の評価は高いということのようだ。

 1位候補の指名にとにかく迷っているようで、ドラフト前日の会議では監督が出ることは無かったが、今年は原監督に24人の上位指名候補選手を見てもらい4人に絞ったとの事。高校、大学、社会人、そして捕手とそれぞれのNO1をピックアップした形となったようだ。最終的な1位指名は今日決定する。外れ1位は即戦力評価の投手が残っていれば指名し、残っていなければ小林誠司捕手を指名する。

ニッカンは石川歩投手最有力

 ニッカンスポーツでは1位候補4人の中に、石川歩投手、松井裕樹投手と共に、JR東日本・吉田一将投手が残っているとしている。その中でも石川歩投手が最有力で、巨人は石川投手にも数球団が指名する可能性があると考えているようだ。「他球団の動向は気にしない。テーブルに着くまでに決めたい」としている。

外れ1位には日本生命・小林誠司捕手も

 また巨人は捕手の補強も目材しており2位で指名したい所だが、日本生命・小林誠司捕手などは中日や千葉ロッテなども獲得を目指しており、狙っているとみられる捕手が残ってるかは微妙な状況。もし仮にドラフト1位が抽選という事になり抽選で外した時には、次の補強ポイントである捕手のNO1候補を指名するとみられる。したがって日本生命・小林誠司捕手が有力となる。

 異例のドラフト前日会議だった。原監督が直前のスカウト会議に加わるのは珍しく、原沢球団代表兼GM、山下スカウト部長らと約3時間にわたり議論を交わした。山下部長は「監督には上位候補24名を見てもらって、各担当者が報告して検討した。結論はまだ出てません。1位候補は4人。ドラフト当日に情報収集して決める」と説明した。

 最終結論は出なかったものの、即戦力投手の獲得を目指すことで意見は一致。山下部長は「(1位指名は)一番高く評価した選手でいく」と明言した。石川、大瀬良、小林に加え、昨年夏の甲子園で1試合22奪三振の新記録を達成した松井の名前も、4人の中に残った可能性が高い。

 巨人サイドは、松井を1位候補としてチェックし続けてきた。だが、9月下旬のスカウト会議後に、山下部長は「1位をこれでいきますという選手は、全く決まっていない。白紙状態です」と明かし、4球団以上の競合が予想された松井の指名回避も検討していた。だが、将来性だけでなく即戦力投手としても期待は高く、改めて1位候補として名前を残した形だ。

 石川、大瀬良とも実力十分だけに、いずれも他球団と競合の可能性は高い。仮に抽選となって外した場合、「即戦力評価する投手が残っていれば、指名する」(山下部長)とあくまで投手重視。ただ、ポスト阿部の獲得も重要で、小林も最終リストに名前が残った模様だ。

巨人1位は東京ガス・石川が最有力 - ニッカンスポーツ:2013/10/24

 巨人が、150キロ右腕の東京ガス・石川歩投手(25=中部大)を1位指名の最有力候補としたことが23日、分かった。東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き原辰徳監督(55)を交えて3時間、上位候補24選手のビデオを見ながら、担当スカウトからの説明があった。山下スカウト部長は「まだ決めてはいません。当日も情報収集します」としたが、以前からの石川の高評価は変わらなかったとみられる。

 その他にもJR東日本・吉田一将投手(24=日大)や桐光学園・松井裕樹投手(3年)が1位候補のリストには残された。いずれにしろ抽選になる可能性が高い選手たち。単独指名の可能性がある石川についても、巨人では数球団の競合があり得るとみている。「他球団の動向は気にしない。テーブルに着くまでには決めたい」と山下部長。原監督が引くというくじ運に、最後はゆだねる。

  巨人の外れ1位候補の日本生命の小林は手応えを胸にその瞬間を待つ。

 社会人No・1捕手は「2年前と違って、今回は楽しみ。野球だけでなく、人間的にも成長できたので」。同大4年で迎えたドラフトでは「1位以外は日本生命に行く」と発言。社会人野球でレベルアップする道を選んだ。この日のJR九州との練習試合では1安打。「アマチュアで培ったものをプロで試したい」と話した。


PAGE TOP