千葉ロッテ、育成ドラフト2位の森遼大朗投手と契約合意、全選手と契約完了

都城商, 森遼大朗

千葉ロッテは育成ドラフト2位で指名した都城商の森遼大朗投手と、支度金300万円、年俸230万円で契約合意した。千葉ロッテはドラフト指名8選手との契約が完了した。

145キロ右腕

森遼大朗投手は184cmの右腕で、最速145キロの速球を投げる本格派、チェンジアップなどの変化球も投げ、九州の注目右腕の一人だった。

育成ドラフト2位の指名だったが、「ようやくスタートラインに立てます。多くの人に夢と感動を与えられるような投手になりたいです。また、プロでは選手としてはもちろん、人としても成長をしていきたいと思っています」としっかりとしたコメントを話した。

千葉ロッテはドラフトで指名した8選手と契約を完了した。ドラフト1位の安田尚憲選手は契約金1億円、年俸1240万円で、森投手とは同学年でありながら大きな差がある。プロでこの差を詰めていきたい。

森投手は「ようやくスタートラインに立てます。多くの人に夢と感動を与えられるような投手になりたいです。また、プロでは選手としてはもちろん、人としても成長をしていきたいと思っています」と初々しい笑顔で話していた。

 これでロッテの17年度ドラフト指名8選手全てとの契約が完了した。


PAGE TOP