ロッテがドラフト5位の西川僚祐選手と仮契約、場面場面で印象に残る衝撃的なホームラン打つ

2020年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

千葉ロッテは、ドラフト5位で指名した東海大相模・西川僚祐選手と、契約金3000万円、年俸500万円で仮契約を交わした。永野スカウト部長は「マリンで日本人初の場外ホームランを狙える」と地元の逸材獲得を喜んだ。

スポンサーリンク

印象に残る衝撃的なホームラン

西川僚祐選手は千葉県出身で、佐倉シニアでは全国制覇をしている。その佐倉シニア時代のジャイアンツカップで、逆方向に放った打球が、東京ドームのライトスタンドに飛び込む圧巻のホームランを放ち、多くの関係者にインパクトを与えた。

その後も、東海大相模に進むと、1年夏の大会で、横浜スタジアムのレフトスタンド上段に放つ一発や、2年秋の習志野戦でのホームランなど、場面場面で衝撃的なホームランを打ってきた。

高校通算は55本塁打、ドラフト会議では上位指名の可能性もあったが5位で指名され、地元・千葉ロッテに指名された。永野スカウト部長は「マリンで日本人初の場外ホームランを狙える」と期待を込める。

マリン球場は外野の後ろに27mの壁があり、強力な海風が逆風となる。その球場で場外弾を打ったのは、2003年に西武・カブレラ選手が放った推定160mのホームラン1本のみ。日本人ではまだ打った選手はいない。

千葉の大砲が開花し、レフト後方への当たりを連発するような打撃を早く見たい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
千葉ロッテマリーンズのドラフト指名予想
千葉ロッテマリーンズ公式ページ 千葉ロッテマリーンズ掲示板 千葉ロッテマリーンズの過去のドラフト指名一覧 千葉ロッテマリーンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補...

中学時代に強豪・佐倉シニアで全国制覇。その打撃が当時、清原和博氏の目に留まった。ネット動画で打撃を見た清原氏が「スイングの速さ。そして僕が苦労してつかんだ極意みたいなものを彼はさらっとやっていた」と、最短距離でバットを出す能力を絶賛した。

ロッテD5・西川、“井口打法”学ぶ!「逆方向へ伸びていく打球が理想」
 ロッテからドラフト5位で指名された東海大相模高の西川僚祐外野手(18)=186センチ、98キロ、右投げ右打ち=が28日、千葉市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸500万円で合意した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント