千葉ロッテの育成ドラフト1位・旭川実の田中楓基投手が仮契約

2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

千葉ロッテは、育成ドラフト1位で指名した旭川実の田中楓基投手と、支度金300万円、年俸230万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

北の怪腕

田中楓基投手は昨年夏、秋の北海道大会で素晴らしい投球をみせ、特に北海・木村大成投手と投げ合った秋季北海道大会決勝戦の投球は、0−1で敗れたものの、内容的には木村投手を上回っていた。3年時は制球を見出したりとやや課題をみせたが、それでもやはり素晴らしい投手だった。

ドラフト会議では育成指名となったが、能力としては種市篤暉投手くらいの力が十分ある。将来は十分期待できる。「これからは一日一日を無駄にせず、一日でも早く支配下登録されるよう頑張ります」と話す田中投手がZOZOで投げる日、そして地元北海道で投げる日も遠くないだろう。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

田中は「これからは一日一日を無駄にせず、一日でも早く支配下登録されるよう頑張ります」と力強くコメント。さらに「今日、ZOZOマリンスタジアム場内アナウンスの谷保(恵美)さんからサプライズで名前をコールしていただきました。本当にうれしかったですし、次は1軍の舞台で満員のZOZOマリンスタジアムでアナウンスしていただけるように頑張りたいです」と感謝感激の様子だった。

【ロッテ】育成1位の旭川実・田中楓基投手が仮契約 「田中楓基~」谷保恵美さんのサプライズアナウンス
 ロッテに育成1位指名された旭川実・田中楓基投手(18)が12日、“サクサク”成長を誓った。旭川市内のホテルで支度金300万円、年俸230万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。大好きなチョコ菓子「クラン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント