東北楽天の育成ドラフト3位・東海大山形の大河原翔選手が入団合意、1位指名の吉野選手のライバル

2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天は、育成ドラフト3位で指名した東海大山形の大河原翔選手と、支度金300万円、年俸250万円で入団に合意したと発表した。

スポンサーリンク

高校通算31本塁打

大河原翔選手は千葉県出身で、ドラフト1位で指名された吉野創士選手とは、小学生時代に千葉市選抜として、マリーンズジュニアに選ばれていた吉野選手と対戦したことがある。その吉野選手は昌平高校で高校通算57本塁打を放ち、ドラフト1位で指名されたが、大河原選手も東海大山形で31本塁打、グラウンドの防球ネットを越えていく打球が注目されていた。

大砲の獲得を目指した東北楽天が最初に吉野選手を指名し、育成ドラフトの最後に大河原選手を指名した。吉野選手について「これから仲間になって、そしてライバルにもなっていく。そこは勝負に勝っていけるようにしていきたい」と話す。

ドラフト1位と育成ドラフト、プロのスタートラインは決して同じとは言わないが、同じファームのグラウンドで吉野選手よりもより遠くへ飛ばし、より多くの柵越をみせれば、その距離は確実に縮まっていくだろう。「まずは支配下登録されて、1軍で活躍できるように」と話す大河原選手の活躍を期待したい。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

ドラフト1位の吉野創士外野手(18)=昌平高=とは同じ千葉出身で、右打ち右投げ。浅村に憧れを持つなど共通点が多い。高校通算57発の吉野に対して、自身も同31発と将来の大砲候補と期待される。小学生時代には千葉市の選抜チームの一員として吉野が所属していたマリーンズジュニアと対戦した記憶を思い出しつつ、「これから仲間になって、そしてライバルにもなっていく。そこは勝負に勝っていけるようにしていきたい」と対抗心を燃やした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント