阪神、NTT東日本の高木伴投手をリストアップ、2014年社会人NO1右腕

NTT東日本, 高木伴

 阪神は来年の社会人NO1投手、NTT東日本の高木伴投手をリストアップしているようだ。

 

社会人NO1投手

 高木投手について球団関係者が、「追いかけるべき素材であることは間違いない」と話しリストアップをしているようだ。高木投手は181cmの右腕投手で、バランスの良いフォームから147km/hを記録するストレートとキレの良い2種類のスライダーを持ち、低めにコントロールする事ができる投手。社会人1年目の都市対抗野球でセガサミーの浦野博司投手と投げ合い、5回1安打5奪三振で無失点に抑える好投を見せた。

 今年のドラフト1位・吉田一将投手に比べるとまだ実績は少なく、現時点では吉田一将投手の方が上だが、今年、侍JAPANのトップチームで台湾戦で登板するなど期待が高い。その台湾戦で1回を投げて2安打1失点と、緊張からコントロールを乱してしまったが、来年1年で多くの経験を積んで磨かれていき、秋には安心して先発を任せられるような投手になってほしい。

 そうすれば、来年は高校生、大学生にドラフト1位候補が多いが、その中に食い込んでくるだろう。

 

投手優先のドラフトに

 阪神は現在、スタンリッジ投手、久保康友投手が移籍し、メッセンジャー投手もメジャーから注目されて移籍の噂があったりと、先発投手の駒不足が深刻な状態となっている。今年のドラフトでは大瀬良大地投手、柿田裕太投手を指名して外し、左腕の岩貞祐太投手を獲得したが、藤浪晋太郎投手と共に活躍できる右のエース候補の獲得を目指しており、済美・安楽智大投手、早稲田大・有原航平投手、そして高木伴投手に秋までの1年間追い続けるのではないかと思う。

 

 

 投手補強が急務の和田阪神が、即戦力の逸材に狙いを定めた。親から授かった名は伴で、市立川口高時代は母校の先輩にちなんで斎藤雅樹(現巨人投手コーチ)2世と呼ばれた。球団関係者は「追いかけるべき素材であることは間違いない」と、年間を通して調査する方針を明かした。

 しなやかな右腕の振りから繰り出す最速147キロの速球が武器。制球力にも定評があり、今年11月にはプロ中心だった小久保ジャパンの一員として台湾遠征に帯同。第2戦の8回から4番手で登板し、1回を2安打1失点と崩れたが「同じ試合で投げた大瀬良(広島)や松田(阪神)と遜色ない。真っすぐに角度がある」と球団内の評価も高まっている。

 すでに来秋のドラフトでは済美高の安楽智大投手(17)の1位指名が最有力となっているが、高木は外れ1位、もしくは2位の即戦力枠で真っ先に名が挙がる。「高校出身のスター候補も魅力だが、すぐに活躍できる投手も必要」と球団幹部は力説。将来のエース候補として、「阪神の星」を奪いにいく。


PAGE TOP