阪神、1位指名は清宮選手有力だが、進学の時は即戦力投手指名へ

高校野球ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は、ドラフト1位指名を清宮幸太郎が有力とし、清宮選手がプロ志望をしなかったときは、社会人投手を中心に投手をの指名をする方針であることが分かった。

清宮進学なら1位は投手

スポーツニッポンの取材によると、阪神の球団幹部は「清宮君が大学進学となれば、1位は投手になるんじゃないでしょうか。」と話し、清宮選手がドラフト1位最有力であること、また清宮選手の次に評価されているのは、履正社の安田尚憲選手などではなく投手であることが分かった。

その中で「即戦力投手に行くのも手でしょう」と話し、スポニチでは社会人投手のJR東日本・田嶋大樹投手、NTT東日本・西村天裕投手、ヤマハ・鈴木博志投手の名前を挙げている。

即戦力投手として大学生投手でドラフト1位に名前が挙げられる選手は今のところいない。その中で社会人投手では、152キロの速球を投げ、今年は先発としてフル回転しており、試合も作れる左腕の田嶋大樹投手を筆頭に、リリーフで150キロ中盤を記録し実績のある西村天裕投手、鈴木博志投手が候補となる。

左の先発として田嶋投手も魅力だが、リリーフで任せられる投手で、金本監督も好きそうな迫力のある真っすぐを投げる西村投手、鈴木投手が有力か。

高山選手、大山選手と1位指名で野手の指名が続いており今年も清宮選手は有力だが、清宮選手以外ならば、チームも成長が見られ来年3年目にも勝負をかけるとみられる金本監督にとって、投手が優先される事にそうだ。

阪神タイガース、過去のドラフト指名一覧

2017年度-社会人投手のドラフト候補リスト

球団幹部は「清宮君が大学進学となれば、1位は投手になるんじゃないでしょうか。即戦力投手に行くのも手でしょう」と、見通しを立てた。今年は高校生、大学生に目玉と言われる投手が不在の中で、社会人投手が豊作だ。その中でも特に評価が高いのが、JR東日本・田嶋、ヤマハ・鈴木、NTT東日本・西村の3投手だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント