阪神、ドラフト1位指名候補は5人、矢野監督が考える

2018年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は24日のスカウト会議でドラフト1位候補を5人に絞り込み、今日のドラフト前のスカウト会議で1位指名を決める。

矢野監督が熟考する

24日は午後3時から約2時間のスカウト会議を行い、会議後に矢野監督は競合する可能性について、「そら避けたい。でもいい選手は決まってくる。俺の中でも何人かいいなあというのはいるけど、5人くらい」と話し、1位指名候補は5人が残っていることを明らかにした。

そして、「ギリギリまで本当に考えようと。俺も迷うなあ、正直。」と悩んでいることも明かした。

1位候補の5人は根尾昂選手、藤原恭大選手、甲斐野央投手、吉田輝星投手、辰己涼介投手とみられる。

阪神タイガースのドラフト会議

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント