阪神、中京大中京の高橋宏斗投手と明石商・中森俊介投手リストアップ

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は中京大中京の148キロ右腕・高橋宏斗投手と、明石商の151キロ右腕・中森俊介投手をドラフト候補としてリストアップし、センバツでチェックをしていく。

BIG4までいかない

阪神の球団関係者は、中京大中京の高橋宏斗投手と明石商の中森俊介投手について、「現時点で去年のビッグ4まではいかないけど、そうなる可能性がある」と話し、昨年注目された佐々木朗希、奥川恭伸、及川雅貴、西純矢まではまだ到達していないものの、そのようになる可能性があると評価している。阪神は昨年のドラフト会議でBIG4のうち2人を獲得し話題となったが、今年も高校生の有力投手の獲得を狙う。

中森投手は昨年夏の甲子園で151キロを記録し、既にBIG4レベルに到達しているようにも思うが、本格派右腕で実績も十分。また高橋投手は1年時から140キロ中盤の速球が注目され、現在は最速148キロを記録、秋の明治神宮大会で好投を見せて注目された。共にセンバツ出場が確実視されており、阪神はセンバツで二人の成長度などをチェックし、本格的に追い続ける。

昨年、阪神は奥川投手と佐々木投手を完全マークすべくスカウトの体制を敷いていた。その昨年のドラフト会議でドラフト会議の本会議の方で6人を指名し、そのうち高校生を5人指名した。その代わり、即戦力については外国人選手を多くとっている。西投手や及川投手次第だが、来年はバランスをとるため大学生・社会人の即戦力、また野手の指名となる可能性もあるが、まずはセンバツで二人のピッチングをチェックし、佐々木、奥川クラスで即戦力と判断すれば、完全マーク体勢となるかもしれない。

2020年ドラフト指名予想
2020年度-高校生投手のドラフト候補リスト
阪神タイガース、過去のドラフト指名一覧

今秋のドラフトでは即戦力投手が補強ポイントの一つとなるが、近年の高校生の完成度は即戦力並みに高い。特に中森と高橋は早い時期から活躍する可能性を秘めており、アマ球界全体を見渡しても注目度は高い。球団幹部は「現時点で去年のビッグ4(佐々木朗、奥川、西純、及川)まではいかないけど、そうなる可能性がある」と評価する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント