2020年注目の大学生のドラフト候補~投手編~

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

2020年の注目の大学生投手のドラフト指名予想をしてみます。

大学生投手のドラフト上位候補

氏名学校投打 身体/体重評価
伊藤大海苫小牧駒大右左 176/80
小郷賢人東海大右右 180/80
山崎伊織東海大右右 181/71
佐藤宏樹慶応大左左 180/80
早川隆久早稲田大左左 179/72A
木澤尚文慶応大右右 182/78A
森博人日本体育大右右 175/79B+
益田武尚北九州市立大右右 175/80B+

ドラフト上位指名されそうな投手は8人。この中でドラフト1位指名確実と言えるのは現時点ではいない。その中で最もドラフト1位に近いのが苫小牧駒大の伊藤大海投手だろう。伊藤投手の154キロの球は火の球でストレートで空振りを奪える。先発としても安定したピッチングができる制球力と変化球を備えている。昨年のドラフト上位候補でヤクルトから2位指名された吉田大喜投手と比較できる投手でドラフト上位指名は確実と言えるが、ドラフト1位指名確実になるには、全国の舞台でアピールすることができるかどうか、既に大学代表で2年間プレーしており代表入りは確実だが、今年は東京オリンピックもあり日米大学野球やユニバーシアードといった大会が無く、ハーレムや中国での試合でやや注目度が落ちるため、大学野球選手権で姿を見たい。実力はもう充分アピールできており、もう十分という感じもするが、高校生が夏の甲子園で注目されたりすると、やはり影響は受ける。

同じくらいに評価されるのが東海大・山崎伊織投手だろう。150キロの球威は伊藤投手の方が上だが、長身から投げる独特の変化球が特徴でバットに当てるのはなかなか難しい球だ。首都大学リーグでスカウトの目に留まる機会は伊藤選手よりは高そうだが、やはり日体大との闘いを制して大学野球選手権でアピールし、大学NO.1と呼ばれるようになりたい。小郷賢人投手は故障により登板が無かった。また慶応大の佐藤宏樹投手も1年時に圧巻のピッチングを見せたがその後、故障によりあの時の球はまだ投げられていない。小郷選手は2年秋も故障で登板ができておらず、共に故障からの復活と故障を減らす事が必要となる。小郷投手は155キロ、佐藤投手も抜群の回転数の良い球を投げるが、やはり故障が少なくないとプロ側も高く評価していくのは難しくなる。

早稲田大の早川隆久投手は左腕で150キロを記録し、また高校時代も注目をされている選手で評価されやすさは抜群。左では佐藤投手と並んで筆頭候補になってくるが、東京六大学リーグではまだ安定感に欠けるところも見せる。元々体が大きくない投手で体力に課題があるのか、中盤から後半に失点する場面が見られる。これまでの力勝負からやや緩急をつけるピッチングを模索しているようで、その成果が春に出て5勝くらいの結果を見せたい。また、慶応大・明治大が優勝をする中で早稲田のエースとしての投球を見せられれば評価はドラフト2位以上で固まる。

慶応大の木澤尚文投手は155キロの速球は威力十分。昨年の東北楽天ドラフト2位・津留崎大成投手以上になるためには先発の柱として、安定して150キロを投げられるかとなる。日体大の森博人投手も吉田大喜投手との比較になる。吉田投手が大学代表でリリーフとして抜群の投球を見せ、秋に先発としてもアピールできたが、今年は代表戦があまり注目され無さそうなので、森投手は春からアピールが必要になる155キロの威力を見せたい。また北九州市立大の益田武尚投手は152キロの速球を投げ、力的にはドラフト上位に入ってくると思う。ただし全国でアピールしていくにはリーグ戦に高い壁がある。春のリーグ戦で優勝して大学野球選手権に出場できればドラフト2位までに入ってくると思う。

その他、ドラフトで指名されそうな大学生投手

氏名学校投打 身体/体重評価
中村亮太東農大北海道右右 185/75B+
河村説人星槎道都大右右 192/85B+
大道温貴八戸学院大右右 178/75B+
宇田川優希仙台大右右 184/95A
山野太一東北福祉大左左 170/70B+
赤上優人東北公益文科大右右 173/70A
今西拓弥早稲田大左左 200/90B+
入江大生明治大右右 186/80B+
高田孝一法政大右右 183/88B+
村上頌樹東洋大右左 174/75A
小谷野楽夕日本大右右 180/63B
平内龍太亜細亜大右右 186/90A
有村大誠立命館大右右 185/88B

東農大北海道の中村亮太投手は大学野球選手権で151キロを記録しキレの良い投球も見せた。今年もアピールを続けられれば指名があると思う。河村説人投手は192cmからの150キロを投げ、現時点でも育成ドラフトでは指名したい投手。制球がアップし実績を残せるようになれば中位指名くらいもありそう、大化けを期待。大道温貴投手がフォームのバランスが良く球速、制球など総合的に評価される。150キロの大台にも乗せており、代表候補入りもしている。昨年を足掛かりに今年は大きくアピールできる。宇田川優希投手が大きな体から威力十分のストレートを投げおろす。秋にやや崩れたところがあるが、今年は大黒柱として東北福祉大と対したい。その東北福祉大で1年時から抜群の投球を見せている山野太一投手は、快速球左腕でプロの評価も高くなる。赤上優人投手はストレートの威力十分。変化球の制球も悪くなく、打ってみろと言わんばかりの投げっぷりが良い。

東京六大学では今西拓弥投手が2m左腕という特徴があり、評価されやすい。ストレートの威力と制球力もある。入江大生投手、高田孝一投手は共に150キロを記録し体の大きさもある。評価されやすいリーグでプレーをしているがレベルの高いリーグでもあり、そこで今年はエースとしてのピッチングができるか。立命館大の有村大誠投手も体の大きさと150キロの球は十分。全国の舞台で安定感を見せられておらず、大学野球選手権で納得いくピッチングを見せられるか。

東洋大の村上頌樹投手は今年の大学代表を経験したが、森下投手、吉田投手などとは少し力の差が見られた。東都を代表する投手で実績も力も十分、ドラフト上位候補にも入ってもおかしくないが、今の大学生投手はプロ1年目から甲斐野投手のような力がないと抜きんでることができない。やや上背が無い事もあり、春のリーグ戦で6勝を記録し、勝てる投手をアピールしたい。東都では亜細亜大の平内龍太投手がスケールがあり152キロの速球を投げ、日大の小谷野楽夕投手も150キロ近い球を投げる。まだ実績のない二人だが、その分、ベールに包まれた期待感を持っている。同じく150キロを投げる亜細亜大のえ―ス候補・内間拓馬投手は昨年の代表でやや不安定さを見せ、他の投手と差が見られてしまったが、この二人は今年のリーグ戦で実績を残せるか。

指名順位予想

最後の2019年のドラフト候補と比較して、指名順位を予想してみる。

順位2019年2020年
1~2位森下暢仁 明治大
吉田大喜 日本体育大
橋本侑樹 大阪商業大
坂本裕哉 立命館大
伊藤大海 苫小牧駒大(1位予想)
山崎伊織 東海大(1位予想)
佐藤宏樹 慶応大(1位予想)
小郷賢人 東海大(2位予想)
早川隆久 早稲田大(2位予想)
木澤尚文 慶応大(2位予想)
森博人 日本体育大(2位予想)
益田武尚 北九州市立大(2位予想)
3~4位津森宥紀 東北福祉大
伊勢大夢 明治大
津留崎大成 慶応大
村西良太 近畿大
杉山晃基 創価大
大西広樹 大阪商業大
大道温貴 八戸学院大
村上頌樹 東洋大
中村亮太 東農大北海道
山野太一 東北福祉大
赤上優人 東北公益文科大
宇田川優希 仙台大
今西拓弥 早稲田大
入江大生 明治大

5位以下福森耀真 九州産業大
望月大希 創価大
小川一平 東海大九州
有村大誠 立命館大
高田孝一 法政大
河村説人 星槎道都大
平内龍太 亜細亜大

育成松田亘哲 名古屋大
本前郁也 北翔大
出井敏博 神奈川大
大関友久 仙台大
小谷野楽夕 日本大

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント