中央大・牧秀悟選手、五十幡亮汰選手に巨人、中日スカウト視察「2人とも欲しい」

中日ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

中央大が2020年の練習を開始し、今年のドラフト候補・牧秀悟選手と五十幡亮汰選手に巨人、中日のスカウトが視察に訪れた。

2人とも欲しい

牧秀悟選手は昨年、侍ジャパン大学代表の4番を打ち、またリーグ戦では首位打者に輝くなど大きく飛躍をした。「トップレベルの場にいられることがうれしくて。自然と思い切ってプレーができた」と話し、中大・清水監督も「秋は存在感が出た」と成長について話している。そして今年の目標について「プロに行きたい。そのために打点を稼ぐだけでなく、ホームランも狙う。内容を極めたい」と、プロを目標とし、ホームランを狙っていくことを明らかにした。

また牧選手は主将としても「キャプテンの一言でチームは変わるし、プレッシャーはあるが全力を出し切って、日本一になりたい」とも話し、「力を出し切って、全部かなえたい」と目標を全て叶えると話した。

また、50m5.6秒の俊足で大学トップクラスの足を持つ五十幡亮汰選手もランニングなどのメニューを率先した。この日は巨人、中日のスカウトが視察に訪れたが中日の正津スカウトは「2人とも欲しい。十分上位もある」と話し、二人とも上位指名の可能性があるとした。

中央大はOBの阿部慎之助選手が昨年引退をした。花を贈るように中央大は昨年秋のリーグ戦で優勝をし、祝賀会では阿部氏も参加した。牧選手は「こういう人になれたら」と憧れを抱く。そしてその阿部氏が監督となった巨人の2軍と3月8日に中央大がオープン戦を行う。牧選手は「プロに行きたいのでそういう機会ではしっかりアピールしたい。2死走者なしからでも1発打てるように、長打力を上げたい」と意気込みを見せた。

牧選手は広角に長打を打つ事ができ、勝負強さは昨年の大学代表とリーグ戦で証明済み、また守備ではセカンドを守れるし2年まではショートを守っていた。二遊間を守れるスラッガーとして多くの球団が注目をしそうだ。また五十幡選手は、内野安打や盗塁、そして外野の頭を越えれば三塁打となる走塁と、センターとして外野の2/3を守備範囲とするなど異次元のプレーを見せ、こちらも1番・センターの候補として大いに注目されそう。2人は、補強ポイントと合致した球団からドラフト1位で指名される可能性もある。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
2020年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

牧は「プロに行きたい。しっかりアピールして日本一を目指す」と意欲。中日の正津英志スカウトは「2人とも欲しい。十分上位(指名)もある」と高く評価していた。

昨夏は侍ジャパン大学代表の4番を務めるなど飛躍した。この日も中日、巨人のスカウトが視察。大学屈指の強打者としてマークも厳しくなるが、「今年は多少ホームランを打てるように」と長打力アップを目標に掲げた。

上位候補の呼び声も高く、3月には中大の先輩で阿部慎之助2軍監督が率いる巨人2軍との練習試合も計画されている。「プロに行きたいのでそういう機会ではしっかりアピールしたい。2死走者なしからでも1発打てるように、長打力を上げたい」と意気込んだ。

現在、通算安打数は71本。100安打達成も現実味を帯びてきた。「プロに行きたい。そのために打点を稼ぐだけでなく、ホームランも狙う。内容を極めたい」と力を込める。勝負の年が始まった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント