阪神、近大・佐藤輝明選手に「見ていてワクワクする」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

デイリースポーツは、「虎が追う」のコーナーで、近畿大・佐藤輝明選手の紹介をしている。

試合前の打撃練習でさく越え連発

阪神が、今年のドラフト1位候補として、近畿大の内野手・佐藤輝明選手をマークしている事は既に周知となっているが、この日のデイリースポーツでは、畑山統括スカウト部長が「飛ばす力もあるし、プレーもダイナミック。見ていてワクワクするような選手」と評価している。

佐藤選手は187cm92kgという体から振られるスイングは、それほどフルスイングというわけでなくてもスピードが出る。元々確実性の高さも評価されており、広角に外野オーバー、さく越えのホームランを打てる。3月に予定されていた阪神との練習試合では降雨のため中止となり、スカウトにアピールするための試合は無くなったが、試合前の打撃練習ではサク越えを連発し、集まったスカウトを驚かせていたという。

また、ダイナミックさを感じるのはこの巨体にもかかわらず、50m6.0秒の足があり、高い身体能力を見せる。現在リーグ通算11本塁打で、これだけの左の大砲ならば、筒香2世、村上タイプと評価されるのだが佐藤選手は、大学の先輩という事もあるが「糸井2世」と呼ばれる。また、関西学生リーグの最多本塁打記録13本も近大の先輩・二岡選手で、こちらも三拍子そろった内野手だった。

リーグ通算本塁打の更新は秒読みかと思われていた。しかし、新型コロナウイルスの影響により、春のリーグ戦は現時点では通常とは違った形で行われることが予想され、記録更新には不利な状況となっている。しかし佐藤選手は「1位でいければ」と話すように、二岡選手を越えてリーグ最多本塁打としてドラフト会議を迎えたい。

昨年は6月に右ひじを故障し、侍ジャパン大学代表に選ばれず、秋季リーグ戦も2本塁打を打ったものの打率.188と低迷した。この春はホームラン記録の更新もそうだが、肘の状態のチェックと、厳しい攻めをされても高い打率を残す、対応力や忍耐力、勝負強さを注目したかった。まずは1戦必勝となりそうな春のリーグ戦で、一発勝負で結果を残すことで、勝負強さをアピールし、秋は対応力と忍耐力を見せてほしい。

2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
2020年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

近大・佐藤 糸井2世や デイリースポーツ紙面 2020/4/14

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント