NTT西日本・大江克哉投手、一般受験の花園大で開花した150キロ右腕

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

NTT西日本の大江克哉投手は、昨年の日本選手権・大阪ガス戦で6回までノーヒット投球を見せていた。高校時代に大学から誘いが無かった投手が、社会人最高峰の舞台で見せた気迫のピッチングだった。

無名から

大江克哉選手は京都・塔南高校の出身、甲子園に出場はないがドラフト注目選手が出てくる高校だったが、大江投手は当時は体重65kgと線が細く、3年生の春に京都大会ベスト8に進出したものの、大学から誘いが来ることはなかった。一般受験で京滋リーグの花園大に入学し、野球を続けることができた。

花園大も京滋リーグの1部だったものの、恵まれた環境ではなかった。しかし、「自分で何が必要かを考えて、限られたスペース、時間の中で練習に取り組んだことで、すごく成長できたと思います」と話すように、1年で体重を73kgまで増やすと、球速は140キロ中盤から後半を記録し、2年春には同大学初のリーグ戦優勝の立役者となった。

そのころにはプロも注目していたが、プロ志望届を提出せずにNTT西日本へ進んだ。プロ入りを意識し、レベルの高いチームと環境を経験したかった。そして恵まれた環境の中でさらに大江投手は成長し、最速150キロのストレートとカットボール、チェンジアップで1年目からチームのエースとなり、昨年の都市対抗では1回戦のJR九州戦で先発し、6回2安打2失点で勝利を挙げ、準々決勝では日立製作所に敗れたものの、6回3失点と好投を見せた。

そして秋、来年のドラフト候補として注目される日本選手権の準々決勝は、優勝をした大阪ガスが相手だったが、6回まで9奪三振ノーヒットピッチングを見せた。7回先頭で小深田大翔選手(東北楽天ドラフト1位)に右膝直撃の打球を受けて無念の降板、チームも敗れたが、もしこの直撃打がなかったら優勝はどうなっていたかわからない。そしてこの投球で今年のドラフト注目選手となることが決定づけられた。

「今年はチームとしてはもちろん日本一を目指してやっているので、てっぺんを取れるように頑張っていきたいです。個人としてはプロ野球選手になりたいので、個人の結果を求めて行けばチームの勝利も付いてくると思うので、そこを頑張っていきたいと思います」と話し、社会人日本一とプロ志望を目標にする。そのために最速155キロ、常時150キロのピッチングを目標にする。

今年の社会人野球は、中京の栗林良吏(トヨタ自動車)、東に森井絃斗(セガサミー)、伊藤優輔(三菱日立パワーシステムズ)、小野大夏(Honda)、山本晃希(日本製鉄かずさマジック)が群雄割拠、そして西の筆頭格に大江投手が君臨する。その投球を見られる時期が来ることを待ち望んでいる。

2020年度-社会人投手のドラフト候補リスト

「無名」からはい上がってきた。高校は公立の塔南(京都)。エースを担うも在学中に甲子園とは無縁で、最高成績は3年春の府大会8強だった。当時は体重65キロと線が細く、大学から誘いが掛かることもなかった。一般受験で京滋大学リーグ・花園大に進学。そこで才能が開花した。野球をやる上で決して恵まれている環境ではなかったが、それが結果的には大江の成長を促進。「自分で何が必要かを考えて、限られたスペース、時間の中で練習に取り組んだことで、すごく成長できたと思います」。2年春に同校のリーグ初制覇の原動力となり、「プロ」を意識し始めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント