【阪神】ドラフト上位で高校生野手を指名も

2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は、今年もドラフト上位で高校生野手の指名を検討していることが分かった。

スポンサーリンク

2位から将来のスラッガー指名を

1位指名の結果次第だが、1位で佐藤輝明選手を獲得できずに投手となった場合、高校生野手を2位で指名する可能性が出てきた。その候補として挙げられているのが履正社・小深田大地選手。畑山統括スカウトは「打撃の技術面などはトップクラスの評価をしています」と評価していた。

また他には花咲徳栄の50発の右の大砲・井上朋也選手、合同練習会で5安打の活躍を見せた上田西の高寺望夢選手などが挙げられている。

育成指名も

畑山統括スカウトは育成選手の指名の可能性があることを明らかにした。「支配下のドラフトからどれくらい残ってくるか。その状況を見た中で、うちが育成なら面白いという選手が残っていれば」指名をするという。

全体の方針については、「幅を持たせている。球団、現場と話し合いながらきめていく」と話し、明確に指名人数や投手・野手、即戦力と将来性の割合などは決めていないという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント