阪神ドラフト1位、高知高校の森木大智投手が契約金1億円、年俸1200万円で仮契約

2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は、ドラフト1位で指名した高知高校の森木大智投手と、契約金1億円、年俸1200万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

山本由伸投手の道を進む

森木大智投手は中学時に軟式で150キロを記録、高校野球でも1年から注目され、高校3年までに最速154キロを記録した。今年の世代のトップランナーで、ドラフト会議では市和歌山の小園健太投手、明桜の風間球打投手と共にBIG3と評価され、阪神の外れ1位で指名された。

仮契約を交わした森木投手は、「山本由伸さんは勝てる投手だと思うので、そのような投手を目指したいと思いますし。自分自身完投したい思いもあるので。沢村賞は獲りたいなと思います。プロ野球の中でも1番良い投手が選ばれる賞なので、そこを狙っていくというか獲りたいなと思いますし」と話し、沢村賞の獲得を目標とした。

154キロの速球を投げるものの、まだ未完成なところもあり、伸びしろが十分。阪神も、大きく育てようという方針があるが、矢野監督は「ピッチャーは自分が変わらないから、レベルが高ければ抑えられる。自分が良ければ打者がアマチュアでもプロでも関係ない。だから出てくるのは早いし、森木もめちゃくちゃ時間がかかるとは思っていない。焦らすことはできないけど」と話す。

山本由伸投手は1年目に1軍で5試合に登板し、2年目にはリリーフで54試合に投げて32ホールドを記録した。森木投手は「自分も1年目から難しいとは思いますが、地道に努力して勝利に貢献できるように2年目、3年目を目標にやっていきたい」と話す。

高校では甲子園を目指した3年間だったが、出場することはできなかった。プロではその甲子園を本拠地にプレーする。

先発投手として、日本を代表するエースに。中学時代から見てきた人は、そうイメージするだろう。今年は侍ジャパンU18の大会が無く、代表のユニフォームを着ることはできなかったが、トップチームとして侍ジャパンのユニフォームを着る投手になってほしい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

先発投手のタイトル4部門を独占し、前日には沢村賞を受賞したオリックス・山本由伸をターゲットに定めた。森木は最速154キロを誇るドラフト1位右腕。慌てることなく、大きく育てようという明確な球団方針はあるものの、同じ高卒でも野手より投手の方が早い時期に台頭するケースが多い。その根拠を、矢野監督は次のように明かす。

 「ピッチャーは自分が変わらないから、レベルが高ければ抑えられる。自分が良ければ打者がアマチュアでもプロでも関係ない。だから出てくるのは早いし、森木もめちゃくちゃ時間がかかるとは思っていない。焦らすことはできないけど」

 山本も早い段階で1軍入りを果たしていた。1年目から先発として5試合に登板。リリーフに転向した2年目には54試合で4勝2敗32ホールド。パ・リーグの日本人最多となる15試合連続ホールドポイントを記録し、今に至る成功への流れをつくった。自身も同様のサクセスロードを描かずにはいられない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント