阪神の担当スカウトが近江の山田陽翔投手に調査書を渡す

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は筒井スカウトが近江高校を訪問し、山田陽翔投手についての調査書を多賀監督に渡したことが分かった。

スポンサーリンク

他球団からも

近江の山田陽翔投手は、149キロの速球と鋭い変化球を投げ、センバツで準優勝、夏の甲子園でもベスト4進出の立役者となった。侍ジャパンU18代表では甲子園の疲労もあってか思うような投球ができなかったが、プロ側からは即戦力に近い投手として注目されている。

この日は阪神の筒井スカウトが近江高校を訪問し、多賀監督に山田投手に関する調査書を手渡した。他球団からも続々と調査書の依頼が来ているという。

山田選手は10月2日に開幕する栃木国体出場に向けて、25日から練習を再開した。疲労を抜いた状態で投げられれば、最後のアピールとなる投球が見せられそうだ。

2022年高校生プロ志望届提出選手一覧
2022年の高校生プロ志望届提出選手の特徴や簡単な紹介です。10月6日は追加が0名で合計154名となりました。プロ志望届けの提出は本日が締め切りですが、一覧表には明日も追加される可能性があります。
2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
阪神が近江・山田陽翔に調査書 聖地通算11勝を挙げた“甲子園の申し子” 25日から練習再開 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 阪神は25日、すでに21日に日本高野連からプロ志望届提出者として公示された今秋ドラフト上位候補の最速149キロ右腕、近江・山田陽翔について、担当の筒井和也スカウトが多賀章仁監督に調査書を手渡した。

阪神は25日、すでに21日に日本高野連からプロ志望届提出者として公示された今秋ドラフト上位候補の最速149キロ右腕、近江・山田陽翔について、担当の筒井和也スカウトが多賀章仁監督に調査書を手渡した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント