東農大北海道・伊藤茉央投手が1回無失点でリーグ制覇、5球団スカウトが視察

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

北海道六大学リーグでは、東農大北海道オホーツクの伊藤茉央投手がリリーフで登板し、1回をノーヒット無失点に抑えた。5球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

サイドハンド右腕

伊藤茉央投手は右のサイドハンドの投手で、トルネード気味に体を捻って投げる特徴のあるフォームがある。球速は148キロを記録しているが、だいたい140キロ前半のストレートと変化球で勝負するタイプで、リリーフで投げる事が多い。

プロ志望届を提出しており、プロ入りを目指すが、この日は5球団のスカウトが視察する前で8回に登板し、1回をノーヒット無失点に抑える好リリーフを見せた。試合は終盤に打線が爆発し、8−0で勝利した。10勝0敗でのリーグ優勝に伊藤投手は「4年間で最後のリーグ戦だったので、絶対優勝する、10勝0敗で勝つ、というのをずっと思っていた」と話した。

優勝を決めたが監督の胴上げなどは封印した。三垣監督は「まだ通過点」と話し、10月14日に予定されている札幌六大学優勝の星槎道都大との代表決定戦に照準を合わせる。

ドラフト会議は10月20日に行われるが、ドラフト直前のこの試合で伊藤投手にどれだけ注目が集まるか、注視したい。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-北海道学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東農大北海道オホーツクV4 林ー伊藤の4年生リレーで完封「まだ通過点」監督は胴上げ封印 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東農大北海道オホーツクが4季連続のリーグ制覇を果たした。4年生右腕の2人が無失点リレーでつなぎ、勝利をたぐり寄せた。先発の林虹太(こうた)投手(4年=佐久長聖… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

プロ入りを目指す伊藤茉央(まお)投手(4年=喜多方)は林の後を受け、8回から登板した。NPB5球団のスカウトも見守る中1回無安打無失点。最後の打者を三振に奪った後には雄たけびを上げた。「4年間で最後のリーグ戦だったので、絶対優勝する、10勝0敗で勝つ、というのをずっと思っていた」という気合の投球でねじ伏せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント