12球団、来期の監督の動向

2018年ドラフトニュース プロ野球ニュース

巨人は高橋由伸監督の続投の可能性が高くなった。中日は森監督の退任の可能性がある。監督は現場の責任者としてドラフトの指名にも影響をしてくる。

12球団監督動向

セリーグ監督契約動向パリーグ監督契約動向
広島緒方孝市単年 西武辻発彦2年契約2年目続投要請
ヤクルト小川淳司2年契約1年目 ソフトバンク工藤公康3年契約2年目 
巨人高橋由伸3年契約3年目続投要請日本ハム栗山英樹単年続投要請
阪神金本知憲3年契約1年目 オリックス福良淳一単年続投要請
も保留
DeNAラミレス単年オーナー
明言せず
ロッテ井口資仁3年契約1年目 
中日森繁和3年契約2年目白紙楽天平石洋介代行 

巨人は高橋監督が契約満了の3年目となるが、岡本選手をしっかり使って育てた事や吉川選手など若手への切り替えを進めている状況を評価し、続投を要請した。3年間で優勝は出来ていないが、来年以降は優勝が至上命題となる。

横浜DeNAは南場オーナーが、来年については明言をしなかった。DeNAはシーズン終了後に監督人事を行う球団方針がある。昨年日本シリーズ進出で、今年は優勝に向けてチーム作りをしたがBクラスとなり、高田GM、ラミレス監督の体制に動きがあるかもしれない。

中日は森監督が契約途中だが、白井オーナーからは「家族の事も気になるだろう」と話し、来年は白紙の状態であることを強調している。

西武は辻監督の手腕を高く評価しており続投を要請した。オリックスは福良監督に続投を要請も、福良監督が保留をしている。日本ハムはすでに栗山監督に続投を要請している。

今年は監督交代が少なさそうで、現時点では東北楽天、中日、横浜DeNA、オリックスが交代の可能性はあるが、ラミレス監督、福良監督も続投の可能性がある。

各球団のドラフト | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント