中日の2010年ドラフト戦線と2011年ドラフトの展望

大野雄大, 伊藤隼太, 井上晴哉, 祖父江大輔

シーズン前半は5割前後だったが夏から終盤にかけて一気に成績を挙げ、見事読売ジャイアンツの4連覇を阻んだ中日ドラゴンズ。クライマックスシリーズでも安定感のある試合を見せ日本シリーズにのぞんだものの、日本シリーズでは接戦の末、千葉ロッテに敗れました。しかし2002年より9年連続Aクラスをキープしているチーム力は、分析するといろいろと見えてきます。
そんな中日ドラゴンズの2010年シーズンとドラフト戦線を振り返り、2011年のシーズンとドラフトを展望してみたいと思います。

2010年シーズン

2009年はエース吉見が貯金9をマークするなど安定した投手陣と、驚くような成績は残さないものの高いレベルで安定感をみせる打撃陣により巨人に独走を許したが貯金19で2位となった。野手は和田や井端がベテランの域に入り世代交代を起こす選手が必要となっている。投手は26歳の吉見と浅尾が大きな軸となっているが、チェンは移籍の可能性もあり、朝倉、川井などは安定して勝ち星を残せていない状況であった。その様な状況で迎えた2009年ドラフトは、1位で菊池雄星を指名、外れ1位で岡田俊哉、2位で小川と左腕投手を2枚指名し、3位以降は中田、松井、大島と即戦力野手を指名する。野手では外国人でセサルを獲得し、弱点を補ってシーズンを迎えた。

シーズンでは和田、森野が.330前後の打率を残し、ブランコも打点80以上をマークしている。リードオフマンでは荒木が安定していたが井端がシーズン途中で離脱、アライバの崩壊で心配されたが堂上とルーキー大島が穴を生め、中軸で得点を挙げる形は最後まで崩れなかった。投手陣は吉見、チェンが昨年までのキレがなく大きな貯金ができず、中継ぎの浅尾の驚異的な活躍で前半を5割で維持すると、終盤には山本昌、中田賢が先発で結果を残し優勝に向けて加速した。

チームとして安定感があるものの、徐々に個人の活躍に負う状況となりつつあり全体的な底上げが必要な状況といえる。しかし若手投手は岩田が成長し、伊藤もエースとなる球を投げている。これらの選手を刺激する即戦力投手を取って若手の層を厚くし一気に世代交代をさせたい。また野手は井端の戦線離脱により、堂上がレギュラーとなると控え候補が少なくなる。また主軸候補として獲得した平田や福田など伸び悩んでおり、新たな主軸候補も必要と考えられた。

2010年ドラフト戦線

シーズン前半では早稲田大の斎藤佑樹、大石達也とPL学園・吉川大幾に高い評価をしており、夏ごろには佛教大・大野雄大、中大・沢村拓一の評価が上がっていった。ほかに大分工・田中太一投手、八戸大・塩見貴洋、習志野・山下斐紹などもリストアップしていた。終盤になり落合監督も加わった編成会議で1位は大学生投手を指名する事を決定し、その中で高い評価だったのは佛教大・大野雄大と中大・沢村拓一だったと考えられる。佛教大・大野雄大は秋のシーズンに全く登板ができない状態であったが、肩のケガはそれほど重くないという情報を得ていた。外れ1位としては八戸大・塩見貴洋、習志野・山下斐紹、PL学園・吉川大幾を候補としてドラフト当日を迎えた。

2010年ドラフト会議


  • PAGE TOP