北海道日本ハム・大谷翔平投手に1軍の壁、オリックス・森本将太投手は大谷選手を三振

森本将太, 大谷翔平

 北海道日本ハムvsオリックスのオープン戦で、北海道日本ハムドラフト1位・大谷翔平選手が7番ライトでフル出場を果たした。

 第1打席ではオリックスの東野峻投手の直球勝負に敗れて三振など3打数0安打、2三振という内容だった。これで1軍のオープン戦では7打数ノーヒットとなった。

 教育リーグでは14打数5安打と活躍を見せており、1軍の壁という形になっている。大谷選手は「思い切りスイングができたのは良かった。でも打ち損じたり、打ったと思ってもファウルだったり、あれっと思う部分がある」と話した。しかし、「1軍は球の勢いが強いし、負けている部分がある。ただ、それより自分のスイングができていない。相手投手より、自分のスイングに問題がある」と話し、本来の自分のスイングができればやれるという感触も得ているようだ。

 1軍の投手のコントロール、ストレートの伸び、変化球のキレなど、一つ一つ感覚を磨いてゆけば対応できるようになるだろう。心配は全くしていない。ただし1軍に関して言えば、投手としての方が早く通用しそうだ。

 またこの日、大谷選手から2つ目の三振を奪ったのが、オリックスドラフト5位の森本将太投手だった。149km/hのストレートで追い込むと、鋭いスライダーで三振を奪った。森本投手は2/3イニングを投げて無失点と、2試合連続で好投を見せた。こちらも開幕1軍へ着々と実績を積み上げている。楽しみだ。

 スタンドの歓声がため息に変わった。7回2死二塁で迎えた日本ハム・大谷の第3打席は同じルーキーの森本が投じた低めのボールになるスライダーに空振り三振。「7番・右翼」でオープン戦で初めて先発出場したが、3打数無安打、2三振に終わった。

 「思い切りスイングができたのは良かった。でも打ち損じたり、打ったと思ってもファウルだったり、あれっと思う部分がある」

 

 第1打席は東野の4球続けた直球に空振り三振。第2打席はフルカウントからのスライダーを捉えたが、東野のグラブにライナーで吸い込まれた。会心の当たりも安打にならず、これでオープン戦は8打席(1四球)で無安打。14打数5安打で打率3割を超える教育リーグとは違い、1軍の壁に苦しんでいる。

 

  その原因を大谷は「1軍は球の勢いが強いし、負けている部分がある。ただ、それより自分のスイングができていない。相手投手より、自分のスイングに問題がある」と自己分析した。慣れない木製バットへの対応、プロの一流投手との対戦不足による感覚のずれがあり、理想のフルスイングができていないのだ。

 ドラ5右腕・森本がまた結果を残した。7回1死から救援し、アブレイユを三振。赤田には二塁打を浴びたが、2球目にはこの日の最速となる149キロをマーク。2死二塁からは日本ハムのドラ1・大谷を、内角低めのスライダーで三振に切り捨てた。

 

 「初登板より楽にいけた。(大谷は)それほど怖くなかった。体が大きいので思いっきり攻められた。目標は開幕1軍です」と、2/3イニングを抑えて胸を張った。

 

 13日のソフトバンク戦(京セラD)でオープン戦デビューを果たし、1回1安打無失点。2試合連続の好投に、森脇監督は「攻撃的精神を見せてくれた。(内容は)十分だと思う」と称賛。西本投手兼バッテリーコーチも「いいピッチングだった。開幕1軍も? そうだね」と合格点を与えた。BCリーグ・福井出身の“雑草”右腕が、大きな夢をつかみそうだ。


PAGE TOP