立田将太, JR北海道硬式野球クラブ

北海道日本ハムを戦力外となった立田将太投手(2014年ドラフト6位)が、JR北海道クラブ入りすることが分かった。

北海道日本ハムは、FAで大野捕手が移籍した中日に対し、人的補償を求めないことを伝えた。「詳しい経緯などはお答えできない」とした。

北海道日本ハム

北海道日本ハムの吉村GMは、中日にFA移籍した大野捕手の人的補償について、「今週末までに」決定する方針を明かした。

日本通運, 生田目翼, 武田久

駒澤大で東都通算23勝を挙げ、日本通運ではエースとして活躍し、日本ハムでも3度のセーブ王のタイトルを獲得した武田久投手が日本通運に復帰した。

増井浩俊, 大野奨太

増井浩俊投手がオリックスに、大野奨太選手が中日にそれぞれFA移籍した北海道日本ハム、オリックスに対しては金銭補償のみを要求したが、中日については獲得可能リストに「獲得すればインパクトのある選手」がおり、獲得を検討することを示した。

大野奨太

北海道日本ハムから中日にFA移籍した大野奨太捕手は、小さいころはドラゴンズファンで、地元でプレーする事が夢だったことを明かした。

斎藤佑樹

来年30歳を迎える斎藤佑樹投手も正念場を迎える。この日の契約更改で170万円減の1830万円でサインした。

増井浩俊

北海道日本ハムからFA宣言をしていた増井浩俊投手が、オリックスに移籍することが決定的となった。福良監督が直々に出馬し交渉をしていた。

大谷翔平

北海道日本ハムの大谷翔平選手が4番投手で出場し、2安打10奪三振で完封勝利を挙げた。投手としては日本での最後のプレーとなりそうだ。

北海道日本ハムは、エースで打撃でも主力の大谷翔平投手、4番の中田翔選手が故障で離脱した。多くの選手を入れ替えながらチームの立て直しを図っているが、来年には大谷選手がポスティングでの移籍する可能性が高く、中田翔選手もFA権を取得する。これまで ...

スポンサーリンク
PAGE TOP