巨人ドラフト5位・坂口真規選手が初打席初ヒット、北海道日本ハム・大谷翔平選手は3打席ノーヒット

大谷翔平, 坂口真規

 北海道日本ハムvs巨人のオープン戦が行われ、巨人のドラフト5位・坂口真規選手が代打で出場すると、センター前に痛烈なヒットを放った。

 坂口真規選手は智弁和歌山高校時に1年生から4番を打ち、2年生の夏には仙台育英の佐藤由規投手からホームランを、3年生の夏には1イニング2本塁打を記録するなど、ドラフト候補として注目された。

 プロを志望せず東海大へ進学すると、打撃のムラがあることから下位打線を打った。しかし、目が覚めるような一発を時折見せ、プロも注目を続けていた。

 キャンプでは当初2軍スタートも先日1軍に合流、この日初打席で初ヒットを飾った。若手の和製大砲が各球団ともなかなか育たない中で、飛距離では統一球でもホームランを打てる選手。多少粗くても、思い切りの良いスイングで長打力に期待したい。

 一方、北海道日本ハムのドラフト1位・大谷翔平選手は6回に代打で出場するとセカンドゴロ、そのまま3番DHで2打席立ったが、ファールフライに三振と、3打数ノーヒットに終わった。

 大谷選手は本拠地札幌ドームで打席に立ったことについて、「あれだけ声援を受けたことはなかったので、うれしかった」と話した。大谷選手は今後2軍に移り、教育リーグで実戦経験を積むことになる。投手としての登板も予定されており、投手大谷のデビューが非常に楽しみだ。

 

 オープン戦初出場の巨人ドラフト5位・坂口が、初打席で初安打を放った。6回の守備から途中出場し9回に打席に立つと、4番手・矢貫から中前打を放った。2球目のファウルで「体重が前にいってしまっていた」と冷静に修正。直後の3球目をはじき返した。

 

 「これを続けていけるようにしたい」。左の先発を想定した前日には先発起用を明言したが、右の中村が先発だったため試合途中から起用した原監督は「凄い打球でしたね」と東海大の後輩の力強い打撃に目を細めていた。

 「結果で応えられれば良かった。まだまだ力を出せなかった。でも声援がうれしかったし、楽しかった」

 

 出番は6回。DHの小谷野の代打として2球目の外角高め146キロを中堅方向へ。当たりは良かったが二ゴロ。7回2死満塁では西村の真ん中高めの141キロ直球を打ちにいったが、球の下を叩いて三邪飛となった。「自分の感覚とちょっとしたズレがあった。高校時代ならあそこを打てていたのでしょうけど手元で切れがありますね」。9回は2死一塁から2球続いたシンカーをいずれも空振りして三振。最後の打者となった。「最後の2球は直球に絞っていた。真っすぐがきていれば」。だが追い込まれても球種を絞る割り切りの良さも大谷の魅力だ。

 

 試合前のフリー打撃では49スイング中5発を広い札幌ドームの右翼席へ。その後はブルペンで58球を投げた。打撃練習後のブルペン入りは自主トレ、キャンプを通じて初めて。この日はDHでの出場で守りには就かなかったが栗山監督は「こっちは二刀流に本気。打ってから投げるパターンもやらないと」と話した。

 

 「彼が持っている課題がかなり高いレベルにあることが分かった」と指揮官。大谷は7日に帰京し2軍に合流するが、1軍が関西遠征を経て関東に戻る15日までに教育リーグ全5試合に出場予定。そこで結果を残せば16日のオープン戦、オリックス戦(鎌ケ谷)から1軍再合流の可能性は高い。「まずはしっかり力をつけてきたい」。結果は出なかったが、大谷は少しずつ前に進んでいる。


PAGE TOP