巨人・吉川尚輝選手が3安打、田中俊太選手とセカンド争う

田中俊太, 吉川尚輝

巨人のセカンド争いが活況を帯びている。2016年ドラフト1位の2年目・吉川尚輝センスがこの日の紅白戦で3打数3安打でアピールし、ルーキーの田中俊太選手も1安打を記録したが、まずは先制した。

3打数3安打2得点

吉川選手はこの日行われた紅白戦の第1打席、レフト方向に柔らかくはじき返した打球は、左中間の浅めの当たりになり、外野手が捕球に追いつくまでに一塁ベースを周る。快足を生かしてセカンドまで進み、足もアピールをした。「思い切ってアウトになってもいいくらいの気持ちでいきました。セーフになったのでいい結果になりました」と話した。

3回の第2打席でも、左腕の戸根投手のカーブを、柔らかくセンター前に弾き返し、5回の第3打席でも左腕の大江投手のストレートをレフト前に弾き返した。7回は犠打で3打数3安打2得点、空振りは4度の打席で1球だけと、バットの対応力を見せた。

セカンドなど内野を争うライバルは、まず相手のセカンドを守ったルーキーの田中俊太選手は、鋭い打球のヒットを1本打ったものの4打数1安打、また紅白それぞれのショート、山本選手は2打数0安打、吉川大選手は3打数2安打、サードのルーキー・若林晃弘選手は4打数1安打、北村拓己選手は3打数0安打で、まずは頭一つ出る活躍だった。

これからもっと強い打球も期待したいが、まずは出る試合ですべてアピールするくらいの勢いでセカンドのレギュラーを勝ち取りたい。

 「実戦は初めてだったので、どんどんアピールしようと思っていた。1打席目にヒットを打てていいイメージで打つことが出来た」。7回無死一塁では初球を犠打。若手主体の試合で、格別の存在感を示した。4度の打席で空振りは1球だけだった。


PAGE TOP