埼玉西武ドラフト2位・相内誠投手は保護観察処分

埼玉西武球団ニュース 2012年ドラフトニュース

 埼玉西武が昨年のドラフト会議で2位指名をした後、無免許でスピード違反をして検挙された相内誠投手が保護観察処分となった。

 決定理由で合田章子裁判官は「非行態様や性格、環境などに鑑み、相当期間の保護観察が相当」としたとの事。既に同期は活躍している。野球漬けになって頑張れ!

 千葉家裁木更津支部は28日、道交法違反(速度超過など)容疑で昨年12月に摘発、送致された西武のドラフト2位・相内誠投手(18=千葉国際)を保護観察処分とした。

 決定理由で合田章子裁判官は「非行態様や性格、環境などに鑑み、相当期間の保護観察が相当」としている。相内は昨年12月4日未明、東京湾アクアラインで運転条件を満たさないまま仮免許で走行中、29キロの速度超過で摘発された。西武は入団手続きを凍結したが、高校を卒業したなどとして今月10日に入団を発表した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント