FA・トレード戦線本格開始!オリックスは寺原隼人投手、日高剛捕手がFA移籍か

阪神球団ニュース オリックス球団ニュース

 日本シリーズは巨人が日本一となり、2012年シーズンが終了した。そして来年に向けて明日、FAの手続きが開始される。またトレードの動きも出てきている。ドラフト会議ホームページでは、各球団のチーム作りの観点からFAやトレード、戦力外の情報も入れてゆきます。

 まずFAでは今年は、巨人・内海哲也投手、東京ヤクルト・館山昌平投手、北海道日本ハム・武田久投手、埼玉西武・中村剛也選手、オリックス・寺原隼人投手などが国内FA権を初取得、この中で、寺原隼人投手は古巣・福岡ソフトバンクへの移籍を希望しFA権を行使しそうだ。

 また、オリックスでは捕手の日高剛選手も阪神がFAでの獲得を狙っており、FA権を行使すると見られる。

 また北海道日本ハムの田中賢介選手、埼玉西武の中島裕之選手はメジャーへの移籍を目指して海外FA権を行使する。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント