埼玉西武ドラフト3位・金子侑司選手、東北楽天ドラフト2位・則本昂大投手は開幕1軍へ、その他のルーキーのニュースなど

菅野智之, 金子侑司, 北條史也, 則本昂大, 石山泰稚

 埼玉西武のドラフト3位・金子侑司選手が、オープン戦の中日戦で1番セカンドで出場すると3安打1打点を記録した。これで7試合連続ヒットとなり好調を維持している。

 9回にはセーフティバントを決めてチャンスを広げるなど、自分のやりたい事が面白いようにできている状態だろう。渡辺監督も「いい仕事をしてくれている。だいぶ差はついた」とセカンドを争うほかの選手に隙を与えない活躍で、開幕スタメンを獲得しそうだ。

 ここまで無失点を続けている東北楽天のドラフト2位・則本昂大投手は、ちょっと勢いに乗りすぎた? 東京ヤクルトとのオープン戦で登板すると、1回に得意のスライダーを連投し3者三振を記録した。しかし3回にスライダーを狙われて2失点し、練習試合、オープン戦で初失点を喫した。しかし、5回を投げて5安打1四球2失点も5奪三振を記録、開幕ローテーション入りにまた一歩近づいた。

 則本投手は「いつかは取られると思っていた。後続を打ちとって2失点に抑えられたのは大きかった」と話し、ピンチでのピッチングに納得した。星野監督も「スライダーを見せすぎ。決め球を何球も見せてはダメだ」と調子に乗ってスライダーを多投したことを指摘した。しかし、「そろそろ打たれたほうがいい。ヤクルト打線にお願いした」と話すほど、則本投手を信頼している。

 東京ヤクルトはドラフト1位の石山泰稚投手が先発し、3回までは持ち前の打たせて取るピッチングで1安打無失点と好投するも、4回に3四球と3安打で4失点と崩れた。5回を投げて5安打3四球、4失点、石山投手は「バランスが崩れていた。四球をなくして打ち取っていかないと」と反省した。小川監督は「体力不足の部分もある」と4回に崩れたことを指摘、次回登板でスタミナ面をアピールできるかが1軍生き残りの条件となった。

 甲子園で対決する予定だった阪神ドラフト2位・北條史也選手と巨人ドラフト1位・菅野智之投手だったが、雨の為試合中止となった。今日から2軍に戻る北條選手は、1軍でアピールする機会がなくなってしまい、「運がないですね」と話した。

 また、東海大相模高校時代に甲子園を目指しながら、出場することができなかった菅野智之投手は「もったいないというか…。どうにもできないことなので」と話した。甲子園には縁が無かったのだろう。

 9回無死一塁ではセーフティーバントを成功させ「引き出しの多さを見せられた」と笑顔。オープン戦通算打率はチームトップの・370で、渡辺監督は「いい仕事をしてくれている。(内野手争いは)だいぶ差はついた」と評価した。前夜は応援に来た両親と名古屋名物のひつまぶしを食べて英気を養った。新人内野手で開幕スタメン入りすれば、球団では03年・後藤武敏以来10年ぶり。オープン戦は残り11試合となり、金子は「油断せず行きたい」と気を引き締めていた。

楽天ドラ2則本 初失点 6試合18イニング目  - スポーツニッポン:2013/3/11

 初回は3者連続三振で立ち上がったが、3回に四球も絡み2死一、三塁から畠山に左翼線へ2点適時二塁打を浴びた。フルカウントから4球ファウルで粘られた後の133キロスライダーを捉えられ、「甘かった。いつかは点を取られる。改善点が出てよかった」と話した。星野監督も「スライダーを見せすぎ。決め球を何球も見せてはダメだ」と反省を促した。

 3回までは制球が安定していたが、4回は3四球などで4失点。「バランスが崩れていた。四球をなくして打ち取っていかないと」と反省した。直球が高めに浮いて打たれはしたが「球威で押せていた部分はあった」と収穫も口にし、次回に向けて「無駄な四球をなくして制球の精度を上げていきたい」と課題を挙げた。小川監督は「体力不足の部分もある」と指摘した。

 阪神ドラフト2位・北條は「9番・遊撃」で初先発初出場の予定だっただけに「運がないですね」とため息をついた。

 それでも1軍選手に交じり「みんなテンションが高く、楽しんでいる感じだった」と刺激を受けていた。昨夏の甲子園大会では光星学院(青森)の主砲として4本塁打を放った。本拠地デビューは持ち越しとなり、水谷打撃コーチは「もうチャンスはないやろうな。残念やな。楽しみやったけど」。11日のオフを挟み、12日からはファームで再調整となる見込み。

 先発予定だった阪神戦が試合開始直前に突然の豪雨に見舞われ、雨天中止。東海大相模時代に踏めなかった甲子園のマウンドを楽しみにしてきただけに「もったいないというか…。どうにもできないことなので」と悔しさをにじませた。それでも、開幕ローテーション入りを見据えるドラフト1位右腕は「シーズンでも(雨天中止は)あること。いい経験になった」と前向きに捉えた。次回は14日の広島戦(マツダ)に先発することが決定。川口投手総合コーチは「マツダのマウンドを経験させたかった」と説明した。


PAGE TOP