北照・吉田雄人選手が2打数2安打、2ベースヒット2本でここまで6打数5安打

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 北照のドラフト候補・吉田雄人選手が好調を続けている。尚志館との試合では第1打席、第2打席に四死球2つを選んだ後の第3打席、甘く入ったストレートを左中間にはじき返し外野手の頭の上を越すタイムリーヒットを放った。

 第4打席はレフト前に飛球を上げるが、相手チームの野手の間に落ちるとセカンドを落とし入れていた。この日は2打数2安打、ここまで今大会通算6打数5安打と好調だ。

 ポジションもタイプも仙台育英・上林誠知選手と比較される事になる。上林選手は身長184cmで50m6.0秒に対し、吉田選手は身長178cm、50m6.2秒と数字の面で劣る。長打の飛距離も上林選手の方がある。しかし、チャンスに強く巧みなバットなど「持っているもの」はほぼ変わらないと思う。

 昨年の明治神宮大会準決勝で仙台育英と対戦し、上林選手が満塁ホームランを放つなど5打数2安打だったが、吉田選手は4打数1安打に終わった。今大会は仙台育英と対戦するならば決勝戦という事になる。期待したい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント