伊万里商の146km/h右腕・草場亮太投手が初戦敗退、オリックスなどプロ5球団視察も大学進学表明

高校野球ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球佐賀大会、伊万里商業は小城と対戦し、プロ注目の146km/h右腕・草場亮太投手が先発した。

 草場投手はこの日は被安打は5、奪三振9だったものの3失点し1-3で敗れた。ストレートは最速142km/hを記録したものの、そのストレートを狙い打たれた。

 この投球にオリックスなど5球団7人のスカウトが視察し、オリックスの流敏晴球団本部長付編成担当は「腕っぷしが強く、変化球もいい。テークバックからパッと球がくるから打者はタイミングが取りづらい」と話し評価をした。

 しかし草場投手は試合後に、「進学して4年後にプロを目指したい」と大学進学を希望し、プロ志望届けを出さない事を表明した。九州屈指の最速右腕が夏の舞台から、そして今年のドラフト会議の舞台から降りることとなった。しかし、プロを目指したいと決意も見られ、4年後、再びドラフトの舞台に上がってくるでしょう。待っています。

 涙が止まらなかった。「2年半かけて磨いた直球。狙われていたけど、コレで勝負したかった」。伊万里商の草場が声を絞り出した。3回に中前に浴びた同点打、5回の決勝左犠飛、8回の左前安打による追加点(安打の打球を左翼手が後逸して失策)と、打ち返されたのはいずれも、この日最速142キロを計測した自慢の直球だった。

 無四死球9奪三振で完投したが体調は最悪だった。5日に発熱し、7日の唐津工との1回戦はなんとか2―1で辛勝したが、中1日のこの日も37・8度。解熱剤を飲んで臨んだが、「前の試合の疲れが取れなかった」と唇をかんだ。

 それでもプロ5球団7人のスカウトは将来性に高評価だ。オリックスの流(ながれ)敏晴・球団本部長付編成担当は「腕っぷしが強く、変化球もいい。テークバックからパッと球がくるから打者はタイミングが取りづらい」とうなった。草場は「進学して4年後にプロを目指したい」とプロ志望届は提出しないつもり。悔しさを胸に大学で精進する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント