関東一・中村祐太投手に5球団のスカウト視察、8回9安打2失点で勝利

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球東東京大会では、プロ注目の関東一・中村祐太投手が粘りの投球を見せた。

 中村祐太投手が中一日と日程が詰まってきた中で先発すると、奪った三振は1つのみ、8回9安打2失点という内容で勝利を手にした。先日の試合は変化球は数球のみでほとんどをストレートで勝負したが、この日は持ち味の伸びるストレートと春に球種を増やしたカーブ、スライダー、スプリットなどの変化球を織り交ぜ、106球で投げ終えた。

 2年春のように甲子園でも投げていく事を想定し、いろんな投球を試しているようだ。プロもしっかりとチェックをしており、この日も5球団のスカウトが視察していた。ドラフト会議での指名はほぼ確実と思われる。どのように成長し、どんな投球スタイルを持つ投手になっていくのかが楽しみだ。

関東第一・中村“ダル流”変化球で手玉  - スポーツニッポン:2013/7/20

 

スカウト前で中村、完投第一  - スポーツ報知紙面:2013/7/20

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント