村上桜ヶ丘・椎野新投手が登板、7回3安打12奪三振で無失点

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球新潟大会では、194cmの右腕が登場した。

 村上桜ヶ丘の椎野新投手が新発田農戦で先発すると、194cmから投げ下ろすストレートとスライダーで空振りを奪い、7回を投げて3安打12奪三振、無失点でマウンドを降りた。

 椎野投手は春季大会の初戦で18三振を奪うと、38回2/3を投げて51奪三振を記録し、新潟県大会で優勝を果たした。越後のダルビッシュと評価も高く、本人も「プロを考えるようになった」と話している。夏はここまで2試合は控え投手が踏ん張り登板がなかったが、4回戦でベールを脱いだ。

 次戦は新潟2強の一角、新潟明訓と対戦する。椎野投手がどんなピッチングを見せるのかに注目。プロのスカウトも訪れる事になるでしょう。

越後のダル、7回12K、村上桜ヶ丘・椎野が8強  - ニッカンスポーツ紙面:2013/7/20

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント