大阪桐蔭・森友哉選手は3打数1安打で辛勝、巨人のほか埼玉西武は5人態勢で視察

高校野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球大阪大会では、昨年の春夏連覇校・大阪桐蔭が阪南大高に3-2と1点差の辛勝となった。

 大阪桐蔭はドラフト候補のスラッガー・笠松悠哉選手が4回にホームランを放つと、7回には森友哉選手のエンタイトル2ベースなどで4点を挙げた。しかし9回に2失点し1点差まで追い上げられた。森友哉選手は3打数1安打1打点も飛球の打球が多かった事について「ゴロでつなごうと思ったがすくい上げてしまった」と反省していた。

 この試合にはこれまでマークを続けていた阪神のスカウトの姿はなく、捕手の獲得を目指す巨人のほかに、埼玉西武が鈴木編成部長以下5人のスカウトで視察し、層が薄くなりつつある捕手の獲得に意欲を示している。鈴木編成部長は「手のケガも問題ないようだ。評価は変わらない」と話し、評価の高さをアピールした。

 森選手は170cm前後と小柄で、プロの捕手としてその点で評価が分かれる部分もある。ダルビッシュ投手が単独指名だったように、他球団のスカウトの中で評価が分かれていると言う事は、単独指名のチャンスにもなってくる。今の所は、広島、埼玉西武、そして巨人が評価が高そうで、浅村選手や中村剛也選手など大阪桐蔭出身の野手が活躍を見せる埼玉西武は1位指名の可能性が高い球団だといえる。

大阪桐蔭ヒヤリ…1点差辛勝で16強  - デイリースポーツ:2013/7/23

 逆風の中、あと少しで本塁打という当たりを放った森友だが「入ったと思ったけれど…。ゴロでつなごうと直球に絞っていたが、スライダーが来てすくい上げてしまった」と首をひねった。三回の第2打席も逆風の中、特大右飛。「ライナーを心がけたのに3打席とも打ち上げた。意識が足りない」。第3打席は敬遠されるなど、勝ち上がるにつれ勝負してもらえる機会が減る。当然、自らに課すハードルも高い。

 四回に本塁打を放った5番・笠松悠哉内野手(3年)は「森は左翼を守った2回戦で、後ろからうるさいほど声をかけていた。全員でカバーし合わないと」と、全員野球の意識は浸透している。

 西武と巨人のスカウトが視察。5人体制の西武・鈴木編成部長は「手のケガも問題ないようだ。評価は変わらない」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント