聖光学院・園部聡選手はチャンスを作る2ベース記録、酒谷遼選手が代打でホームラン

聖光学院, 園部聡, 酒谷遼

 聖光学院vs愛工大名電は接戦の好ゲームとなった。

 愛工大名電・東克樹投手は持ち前の制球力が抜群で、園部聡選手にもインコースを突いていった。第1打席は四球を与えるも第2打席ではインコースで見逃し三振を奪った。しかし聖光学院打線が徐々に捕らえ始め6回には代打で出場した酒谷遼選手がホームランを放つと、7回は園部選手がレフト線に痛烈な打球を放ち2ベースで出塁し、酒谷選手の2点タイムリーで逆転した。

 園部選手は8回の第4打席でもヒットを放ち3打数2安打という結果だった。ホームランを打ちたかったのか、体を前にのめる出すような形で引っ張りにかかっている感じだった。またインコースを攻めてくる東投手攻略の作戦だったのだろうが、投手が振りかぶってから打席内で後ろに下がってインコースを狙っていたが、インコースが弱いと言う事を露呈してしまっている。

 プロではもっとインコースを攻められるだろうが、体を回転して腕をたたんでインコースを捌けるようになってようやく1軍で活躍できる選手になれる。昨年の打席ではインコースも苦にしていなかった感じもあったが、今年は気になった。

 福島大会で左腕に苦戦していたため、この日は先発メンバーから外れた酒谷だったが、6回に先発登板した石井の代打で登場すると、初球のスライダーに迷いなくバットを出して右越え本塁打した。「変化球から入ることが多かった」。酒谷はベンチで相手投手の配球パターンをしっかりと見極めていた。これで気持ちに余裕が生まれ、7回2死満塁では三遊間を破る逆転の2点適時打を放った。

 福島大会決勝の日大東北戦でも2点を追う8回に代打で中前打を放ち、延長10回にサヨナラのホームを踏んだ今夏のラッキーボーイ。大阪府出身で、両親の後押しも受けて福島に野球留学した。「自分を信じていた。集中していた結果」と胸を張った。


PAGE TOP