18Uワールドカップ、昨年の大会をおさらいし、今年のメンバーと比較する

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 18Uワールドカップがいよいよ明日開幕する。昨年は大谷翔平投手、藤浪晋太郎投手、北條史也選手、森友哉選手などがメンバーとしてプレーしたが、6位という結果に終わった。昨年の大会を振り返り、メンバーを比較してみる。

 昨年の大会結果

月日対戦相手先発結果概要
8月31日カナダ大谷翔平●5-6大谷投手が3回1/3を投げて5安打3失点で降板した。田村龍弘、北條史也のタイムリーで逆転したが、5回を無失点とリリーフして好投した大塚尚仁投手が9回に同点2ランを浴びる。タイブレークでは攻撃でミスをして無得点、その裏、森友哉の捕逸でサヨナラ負け
9月1日台湾藤浪晋太郎○2-0藤浪晋太郎投手が2安打完封、笹川晃平のレーザービームで守り勝つ。田村龍弘が3安打、高橋大樹のタイムリーで勝利。北條史也はノーヒットに2三振。
9月2日パナマ城間竜平○8-0城間投手が7回3安打無失点。高橋大樹が2安打、笹川晃平が3安打で活躍。北條史也は9番降格も1安打1打点
9月3日イタリア神原友○7-1神原投手が7回11奪三振と安定。田村龍弘、高橋大樹がマルチヒットと好調。北條史也、大谷翔平はノーヒット。
9月4日チェコ岡野祐一郎○7-0岡野投手が5回4安打5奪三振無失点と安定。大谷翔平が2安打2打点と活躍
9月5日コロンビア藤浪晋太郎●0-3 エース・藤浪が5回3失点でまさかの敗戦、スライダーなど変化球についてこられた。
9月6日韓国藤浪晋太郎○4-2藤浪が連投し9回で6奪三振、2失点完投勝利。相手バッテリーのエラーで得点を重ねて勝利。
9月7日アメリカ神原友●5-10神原投手が4回2失点とまずまずも5回に登板した濱田達郎投手が1四球で交代、大塚尚仁投手が2回2失点。チームは相手バッテリーエラーや森友哉選手のエンタイトル2ベースを足がかりに2得点し5-4とリードする。
 7回から登板した藤浪晋太郎投手が150km/hの速球を見せたが、北條史也選手の2つのエラーでピンチを招き、タイムリーヒットを打たれると本塁で森友哉選手がタックルを受ける。その後に再びタックルを受けるなどした。8回には田村龍弘が捕手に入るも藤浪晋太郎のスライダーを後ろに逸らし2失点した。
9月8日韓国 (5位決定戦)大谷翔平●0-3大谷翔平投手が150km/hの速球で7回12奪三振の力投もボークなどで2失点。打撃陣も細かい継投に3安打に抑えられ敗れた。

 

投手陣

 初戦のチェコ戦が雨で流れ、カナダ戦が初戦となる。そのカナダ戦で柱の一人と期待した大谷翔平投手が4回途中で降板し、また9回に同点に追いつかれて10回にサヨナラ負けと、最悪の立ち上がりとなり、チームがバタバタしだしてしまう。2戦目は藤浪晋太郎投手が好投し、城間、神原、岡野が好投するも、第2ラウンドは藤浪投手が3連投するなど、投手のやりくりがうまく行かなかった。

 理由としては大谷翔平投手がまだ実績が少なく、150km/hの球を投げるものの失点を許す投手だったため、1点を争う第2ラウンドで登板させることができなかった。また、濱田達郎投手は夏は調子が良くなかったものの素質を勝ってメンバーに入れたため、大会では打者1人しか登板できなかった事、さらに、城間、神原、岡野投手はそれぞれ好投手だが、第2ラウンドを任せるには信頼感が足りなかった。それにより藤浪晋太郎投手に負担がかかってしまった。

 昨年は甲子園で登板した投手をメンバーに入れたが、今大会は夏は調子が良くなかったものの、練習試合でも好投を見せた松井裕樹投手、さらに広島の決勝で好投を見せた田口麗斗投手などを加え、甲子園で安定したピッチングを見せた高橋光成投手、飯田晴海投手を、そして力の勝負で負けない安楽智大投手と、今の高校生で状態が良く、できる限りの投手陣をそろえたという印象だ。

 ただし初戦が大切、昨年の大谷投手のように松井投手が早い段階で降板することになれば、ローテーションは大きく崩れる。初戦のカナダ戦に全てがかかっていると言ってもいいかもしれない。

野手陣

 昨年は田村龍弘選手、森友哉選手、大谷翔平選手、高橋大樹選手、笹川昂平選手などが活躍したものの、主軸を期待した北條史也選手が絶不調となった。またホームランは1本も出ず、長打も少なく、パワーで劣る場面もあった。しかし一つのヒットをきっかけに犠打などを絡めて得点を重ね、日本らしいスタイルでプレーはできていたと思う。

 また守備面では捕手の森友哉選手に負担がかかり、内野手のエラーで失点した場面もあるなど守備面で課題が残った。アメリカ戦ではエラーでピンチを招き、森選手を潰され心が折れて10失点をしてしまった。外野手では大谷翔平や笹川昂平が活躍をしていた。

 国際大会ではディフェンスが大切だろう。今年は守備で安定している渡辺諒選手、奥村展征選手、竹村春樹選手、熊谷敬宥選手と二遊間を守れる選手を揃え、練習試合ではサードだった内田靖人選手をDHにし、渡辺諒選手をサードに据えるなど守備面を考えた体制を見せていた。

 攻撃では確かに日本では長打が通用する選手が揃うが、国際大会では逆方向に流したり犠打も絡めた攻撃が必要となるだろう。また昨年の北條選手のように不調になる選手もいると思う。それを周りの選手がカバーできるかどうかにかかる。

 不安な点というと、上林誠知選手の調子が上がっていない事、さらに捕手で若月健矢選手、内田靖人選手と森選手の3人態勢で、確かに捕手の総合力でも高いが打撃で目立つ選手といえる。森友哉選手が交代したときに、松井裕樹、田口麗斗、山岡泰輔などの鋭いスライダーを後ろに逸らさず取る事ができるかだろう。ここはプロのスカウトも注目しているし、相手チームも注目しているだろう。もし弱点が見えた場合、また森選手を狙ってくる可能性がある。

 昨年の代表メンバー

地区高校名選手名甲子園特徴短評評価
投手大阪桐蔭藤浪晋太郎優勝3年 197cm85kg 右右153km速球で春夏連覇のエース!
花巻東大谷翔平3年 191cm75kg 右右160km記録!
愛工大名電濱田達郎1回戦3年 183cm88kg 左左BIG3の左腕。不調も140km中盤記録A
聖光学院岡野祐一郎2回戦3年 178cm77kg 右右正確なコントロールが武器B
東海大甲府神原友ベスト43年 180cm85kg 右右力強い140km中盤のストレートB
浦和学院佐藤拓也3回戦3年 172cm74kg 右左キレの良いストレートと変化球のコンビネーションB
九州学院大塚尚仁3年 174cm70kg 左左7回15奪三振ノーヒットノーラン記録の左腕B
捕手光星学院田村龍弘準優勝3年 173cm77kg 右右甲子園2本の天才打者A
智弁学園中道勝士3年 170cm74kg 右左小柄ながら長打魅力B
大阪桐蔭森友哉優勝2年 170cm78kg 右左左右に打ち分けホームランも2本、NO1捕手
内野手光星学院北條史也準決勝3年 177cm75kg 右右甲子園で4本塁打記録の主砲A
光星学院城間竜平準優勝3年 172cm75kg 右右スライダー武器に勝てる投手B
日大三金子凌也1回戦3年 180cm78kg 右左初戦敗退も9回に意地の1発B
大阪桐蔭田端良基優勝3年 175cm83kg 右右優勝チームの4番、甲子園2本B
常総学院菅原拓那2回戦3年 173cm70kg 左左2試合に先発し初戦は7回途中まで好投B
明徳義塾伊与田一起ベスト43年 165cm68kg 右左3番を打つが堅実なセカンド守備で貢献C
外野手龍谷大平安高橋大樹2回戦3年 181cm77kg 右右1回戦で4安打記録、甲子園ではホームラン見せられずA
大阪桐蔭水本弦優勝3年 177cm75kg 両右3番を打ち済々黌戦で4安打記録B
浦添商呉屋良拓3回戦3年 178cm73kg 右左3番を打ち、1回戦2安打、2回戦3安打を記録C
浦和学院笹川晃平3回戦3年 181cm78kg 右右2本塁打に聖光学院・岡野から4安打記録B

 

今年の代表メンバー

守備高校選手特徴短評評価
投手常総学院飯田晴海3年 175cm75kg 右右甲子園で3試合に完投、準々決勝は9回まで無失点も熱中症のため降板B
桐光学園松井裕樹3年 174cm74kg 昨夏に1試合22奪三振、1回2つ以上の三振を奪える今年の超目玉
瀬戸内山岡泰輔3年 172cm66kg 右左甲子園では初戦敗退も高校生では打てないスライダーと145km/h魅力A
新庄田口麗斗3年 170cm67kg 東の松井、西の田口と評価高い左腕、失点少ない投手A
岩国商高橋由弥3年 176cm70kg 最速140km/hの速球とチェンジアップ等で打ち取る技術高いB
前橋育英高橋光成2年 188cm78kg 右右夏の甲子園5完投、防御率0.36記録、きれいなフォーム魅力
済美安楽智大2年 186cm90kg 右左愛媛大会で157km/h記録の怪物、甲子園155km/hも不調に終わる
捕手花咲徳栄若月健矢3年 178cm82kg 右右関東大会で2試合連続弾、120m弾にプロ注目A
常総学院内田靖人3年 185cm87kg 右右今大会2本塁打に座ったままセカンドへ送球の捕手A
大阪桐蔭森友哉3年 171cm80kg 右左昨年春夏連覇、全日本の捕手
内野手仙台育英熊谷敬宥3年 173cm68kg 右右50m6.0秒の俊足に強肩の遊撃手A
聖光学院園部聡3年 182cm83kg 右右昨夏、今春の甲子園でホームランを放つなどA
浦和学院竹村春樹3年 175cm71kg 右左俊敏な動きと俊足の遊撃手、プロ注目B
明徳義塾逸崎友誠3年 174cm70kg 右左3番サードで出場し10打数3安打、大阪桐蔭を破るB
日大山形奥村展征3年 177cm65kg 右左4番としてチームをベスト4に導く。遊撃手の守備も魅力B
東海大甲府渡辺諒3年 180cm75kg 右右自らのミスで山梨大会で敗れるも走攻守共にプロ即戦力
外野手仙台育英上林誠知3年 180cm70kg 右左明治神宮大会で満塁弾など130m超える飛距離にプロ注目A
北照吉田雄人3年 178cm68kg 右左昨秋19打数13安打を記録、今夏初戦敗退も2安打記録A
日大三森龍馬3年 176cm80kg 右右今夏初戦敗退も3打数1安打、主将としてチーム引っ張るB
延岡学園岩重章仁3年 183cm83kg 右右4番ライトでチームを準優勝に導いた、プロ注目スラッガーB

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント