佐野日大・田嶋大樹投手がセンバツ出場確実に、145km/h左腕に注目集まる

白鴎大足利, 田嶋大樹, 佐野日大, 大下誠一郎, 比嘉新

 秋季高校野球大会は各地でベスト4進出校が決まり、センバツ出場を確実にしている。

145km/h左腕がセンバツへ

 佐野日大は強豪・横浜高校と対戦し、145km/hの左腕・田嶋大樹投手は高濱祐仁選手にタイムリーヒットを浴びるなど11安打3失点、8回にも浅間大基選手にあわや逆転ホームランの大飛球を打たれるなどしたが、これまで投げていなかったスライダーやチェンジアップを使い3点に抑えて勝利した。

 田嶋投手は強豪を相手に完投し、この試合でまた成長するだろう。佐野日大はベスト4に入り、センバツ出場を当選確実とした。高校生屈指の速球派左腕がセンバツに出場する。

そのほか、関東でセンバツ出場の可能性が高い選手たち

 白鴎大足利は習志野を破りベスト4進出、中学時代から注目されていた1年生の大下誠一郎選手、2年生の比嘉新投手などが注目される。山梨学院大付は健大高崎を破った。制球力抜群の山口大輔投手、1年生で139km/hを記録する小川陸投手などがいる。桐生第一もベスト4に入り、センバツ出場を確実としている。

佐野日大 横浜倒し選抜前進/高校野球 - ニッカンスポーツ・コム:2013/10/30

 1回、相手エース伊藤を攻め5点を奪った。前日の8番から7番に打順を上げた稲葉恒成外野手(2年)が3ランを放つなど起用が当たった。

 エース田嶋大樹投手(2年)は11安打を浴びながらも粘りの投球で3点に抑え逃げ切った。


PAGE TOP