高校野球大分大会はプロ注目の好投手目白押し

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 夏の高校野球大分大会の組合せが決まった。今年の大分県は大分高の150km/h右腕・佐野皓大投手を筆頭にプロ注目の投手たちが何人も集まり、注目度は過去最高レベルの大会になるかもしれない。

145km/hを超す投手たち

 大分高校の佐野皓大投手は177cmの右腕で、春季九州大会の神村学園戦では130球以上を投げた9回に最速150km/hを記録した。投球中に「左肩を倒すように投げたら球速が一気に上がった」と、試合中に投球フォームのコツをつかんだ。

 そして続く東福岡高校戦でも敗れはしたものの150km/hを記録し、そのフォームを完全に物にした。全国でも安楽智大投手など数人しか記録していない150km/h右腕に注目が集まる。

 大分上野丘には180cmから145km/hを投げる梅木大哉投手がいる。梅木投手は昨年から体重を8kg増やし、トレーニングで体幹を鍛えると、この春に自己最速を6キロ更新し145km/hを記録した。春季大会は大分高校の佐野投手に1安打に抑えられ1-2で敗れたが、梅木投手は6回から登板しノーヒットに抑えるピッチングを見せている。

 他にも情報科学の牧悠弥投手が145km/hを、大分商の2番手・中野貴仁投手が146km/hを記録している。

 

プロ注目投手

 この他にもプロが注目する投手がいる。昨夏の代表で今年も優勝候補の大分商は、中野投手もいるがエースは笠谷俊介投手。173cmと小柄だが最速143km/hのキレのあるストレートを投げる左腕でプロが注目している。

 その他、藤蔭の池田皐平投手は144km/hの速球を投げる180cmの本格派、別府青山の伊藤昂恭投手も181cmから144km/hを投げる。

 大分上野丘では2番手の橋本敦也投手も182cmから140km/hを超すストレートを投げる。

 

優勝候補は

 優勝候補はエース・笠谷投手が安定感を見せる大分商が挙げられている。しかし、上に挙げた投手が調子が良い時に当たれば、1点を奪うのが大変なくらいだろう。

 組合せでは大分上野丘と同じ山となり、梅木投手の対戦するかもしれない。昨年の決勝もこのカードだったが梅木投手がマメをつぶして7回途中4失点で降板し、最終的に2-17というスコアで大分商が勝っている。しかし今年の梅木投手は成長しており、さらに疲労がまだ少ない時に対戦するという事もあり楽しみな対戦となる。

 

梅木、「誰にも負けたくない」 - 西日本スポーツ 2014/6/19

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント