【高校野球】大阪大会:ドラフト注目度C

永谷暢章, 香月一也, 溝田悠人, 吉田有輝, 正随優弥, 中川圭太, 田辺祐樹, 吉田大喜

 夏の高校野球大阪大会、一昨年の藤浪晋太郎投手、昨年の森友哉選手と2年連続でドラフト1位選手を輩出した大阪桐蔭や、センバツ準優勝の履正社が強さを示すも、他のチームがやや差を開き戦力が集中化の傾向も見られる。その2校にドラフト上位候補に挙げられる選手がおらず、ドラフト注目度はC。

地区

 かつてはPL学園、上宮、金光大阪、近大付、関大北陽、大体大浪商、東海大仰星と強豪私学がひしめきあった大阪大会だが、2011年秋以降、履正社と大阪桐蔭が優勝を占めている。

 昨夏は大阪桐蔭、昨秋は履正社、今春は大阪桐蔭が優勝、履正社が準優勝となっている。藤浪晋太郎投手や森友哉選手のような注目される選手が今年はいないとはいえ、やはり選手層の厚い大阪桐蔭と履正社の実力が出ているといえる。

 戦力が集中しすぎれば、選手が出場機会を得られず素質を持った選手が埋もれてしまう事も考えられる。かつてはどこかに必ずドラフト上位に名前が挙がる選手がいたが、今年のようにこの2チームから注目選手が出ないと全体的に寂しい感じになってしまい、野球王国大阪にやや不安を感じる。

 

プロ注目選手

 大阪桐蔭の香月一也選手は昨年からチームの主軸を打ち、5番バッターとしてチャンスに強く、確実性の高いバッティングを見せていた。今年は森友哉選手や近田拓矢選手が抜けてやや背負うものが大きくなったが、そのバッティングに注目される。

 ただし、身体が175cmとさほど大きくなく、スラッガーというよりはアベレージヒッターという事もあり、大学を経由して実績を残してからプロ入りしそうだ。

 大阪桐蔭では正随優弥選手がケガから復活している。中学時代から注目された選手のようで、最後の夏にどんなバッティングを見せるのか期待したい。

 センバツ準優勝の履正社は2年生のエース・永谷暢章投手と、溝田悠人投手が注目されるが、センバツでも注目された遊撃手・吉田有輝選手にも注目される。中学時代から浅間大基選手や田嶋大樹投手と共に注目された選手で、遊撃手として評価は高い。素質をかってドラフト会議で指名される可能性もある。

 

その他の注目選手

 PL学園の中川圭太選手は3番を打ち、長打力も確実性もある選手としてプロのスカウトが注目する。

 東海大仰星の田辺祐樹投手は180cmの大型サイドハンドで、鋭い変化球が魅力で大学関係者が注目している。

 公立の星・大冠の吉田大喜投手は174cmながら144km/hの速球を投げるらしく、春はベスト4まで勝ち進んだ。履正社に0-13で敗れたもののPL学園には勝利している。


PAGE TOP