【高校野球】静岡大会:ドラフト注目度B

国松歩, 小沢拓馬, 桑原樹, 齋藤誠哉, 中泉圭祐, 辻本宙夢, 成田雄樹, 木村聡司, 斉藤力

 高校野球静岡大会、昨年は聖隷クリストファーの鈴木翔太投手が中日にドラフト1位指名されるなど、注目の投手達が覇を競った。今年は常葉菊川の桑原樹選手がドラフト上位候補に名前が挙がり、その他にも選手名は挙がるが、昨年に比べ数はやや少なくドラフト注目度はB。

地区

 昨年はセンバツ、夏と常葉菊川が出場した。しかし秋は静岡高校が優勝し、春は日大三島が優勝、常葉菊川はベスト4にも残れなかった。

 他にも静岡商、常葉橘、掛川西などの強豪が追う展開となっている。

 

プロ注目選手

 常葉菊川の桑原樹選手は、甲子園2大会で2本のホームランを記録、体に巻きこむようにバットを出し、ライトスタンドに運ぶバッティングはプロのスカウトから高い評価をしている。

 さらに遊撃手の守備でも評価が高く、50m6.0秒の足で走塁技術もある。東海地区でずば抜けているという評価で、ドラフトでも上位候補の一人。

 

その他の注目選手

 中学時代に140km/hを超す速球を投げ注目された静岡商の国松歩投手が3年生となった。もっと成長を期待されていたが、評価はあまり挙がらなかった。投打に素質の高い選手で将来に期待したい。

 磐田東の齋藤誠哉投手も183cmの左腕で、昨年秋は140km/hのストレートで12奪三振ノーヒットノーランを達成するなど期待されたが、今は状態が挙がっていないらしい。

 その中で常葉橘の木村聡司投手は144km/hを記録し県内一の速球派、その他には170cm前後ながら140km/h前後を記録する投手が目立つ。日大三島の小沢拓馬投手、静岡高校の辻本宙夢投手、そして左腕の御殿場西・斉藤力投手が注目される。

 日大三島には中泉圭祐選手という186cmの大型スラッガーがおり、飛龍高校にはエースの成田雄樹投手という大黒柱がいる。


PAGE TOP