【高校野球】岐阜大会:ドラフト注目度C

高橋純平, 滝野要, 高田航生, 橋本侑樹, 内藤大貴, 西脇都輝斗, 神崎昂太, 土居竜丸

 高校野球岐阜大会、東海地区の中では三重、静岡、愛知が注目度が高いが、岐阜はやや注目度が低い。しかし、来年のドラフト1位候補がおり、楽しみがある。ドラフト注目度はC。

地区

 昨年夏と秋は大垣日大、春は県岐阜商が勝利している。しかし春は県岐阜商と大垣日大が東海大会に出場したが、両チームとも初戦を突破できなかった。

 この2強に割って入りそうなのが大垣商、市立岐阜商、そして岐阜各務野や関商工なども力がある。

 

プロ注目選手

 県岐阜商の2年生・高橋純平投手は1年生で150km/hを超す速球を投げ、現在は最速151km/h。181cmの本格派投手は、試合では制球難を見せ、まだまだ課題は多いものの、高橋光成投手は2年生夏に成長している。

 この夏に活躍できれば、来年のドラフト1位は見えてくる。

 また大垣日大の滝野要選手は183cmの強打の左打者、守備も器用にこなす高い野球センスがありプロも注目している。

 

その他の注目選手

 大垣日大は3年生で182cmの右腕・高田航生投手と、2年生で177cmの左腕・橋本侑樹投手が軸となるが、それぞれ肩痛、肘痛で春はリタイアした。二人が戻れば県屈指の投手陣を誇る。攻撃でも滝野選手に加え、内藤大貴など打線も厚い。

 大垣商は1番バッターの西脇都輝斗選手が50m5.9秒の俊足を誇る。ランナーを出して中軸が返すパターンがある。

 岐阜各務野に注目されるバッテリーがいる。投手の神崎昂太投手は140km/hを記録し打っても20本塁打、捕手の土居竜丸選手は強肩と安定感のあるリードを見せる。


PAGE TOP