【高校野球】新潟大会:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 高校野球新潟大会、1年時から注目を集めてきた飯塚悟史選手が、最終学年となり投打に注目を集める選手となった。その他のドラフト候補が多くなく、ドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏、秋、春と日本文理が連覇、飯塚悟史選手を中心に注目選手が揃い、手がつけられない状態にも。

ただし、2強の一角、新潟明訓も秋、春と準優勝し、ピタッとマークをしている。その他、中越などが有力だが、新潟産大付も好投手がおり、昨年の村上桜ケ丘のような勝ち上がりをみせるかもしれない。

 

プロ注目選手

 日本文理の飯塚悟史投手は、昨年秋に打撃を、センバツではピッチングをプロのスカウトから評価された。いずれにも成長が見られ、大型選手だが柔軟に成長できる所も将来が有望とされる。

 他に日本文理では小太刀緒飛選手が180cmで左から130km/h中盤を投げる投手として、また50m5.9秒で走る俊足の大型選手として高い素質を評価されている。

 2年生の星兼太選手も強力メンバーの揃う3年生の中で輝くプレーを見せており、来年の主軸として育てられている。

 その他のチームでは新潟産業大付の前川哲投手が県内屈指の速球を投げてプロが注目している。

 

その他の注目選手

 新潟明訓も143km/hを記録する村山賢人投手と漆原大晟選手の2枚看板が注目される。捕手の水沢圭太選手も長打の打てる選手で、見てみたい逸材だ。

 北越高校の山崎嘉紀投手は184cmの左腕投手、球速はまだ130km/h台だが素質に注目される。

 関根学園に小山謙太郎選手、平野涼選手という1,2番が俊足のようだが、この夏にどんなプレーを見せるのか見てみたい。

 新潟工の2年生・小山克己投手は中学時代にKボールの日本代表となった投手、来年が注目される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント