佐野日大・田嶋大樹投手が白鴎大足利を7回完封、6球団のスカウト視察

田嶋大樹, 佐野日大

 高校野球栃木大会準決勝は、佐野日大vs白鴎大足利とセンバツ出場校同士の対戦となった。佐野日大は田嶋大樹投手が初先発すると、7回を完封し決勝にコマを進めた。

今大会初先発

 田嶋大樹投手はセンバツベスト4の後、疲労による影響があり春季大会、練習試合ではリリーフとして登板をする場面が大かった。今大会もリリーフとして好投し準決勝まで勝ち上がると、センバツ出場校の白鴎大足利戦では満を持して先発となった。

 この日は最速144km/hを記録も序盤は伝家の宝刀、縦・横・斜めのスライダーが抜けランナーを背負いながらのピッチングとなる。しかしカーブを織り交ぜて打たせて取った。

 5回以降は得意のフォーム修正能力でスライダーが決まると、3イニングで5三振を奪い7回3安打8奪三振無失点で完投した。白鴎大足利の中心選手である大下誠一郎選手にも1四球を与えたものの2打席を内野ゴロに仕留めた。

 

6球団のスカウトが視察

 この日は阪神、埼玉西武など6球団のスカウトが視察した。阪神・葛西スカウトは「柔らかさと強さを持った投手。直球の質がいい。」と話すと、埼玉西武の前田チーフスカウトも「締めるところがわかっている」と評価した。

 球速もあり修正能力もあり、しかも180cmの左腕投手。このポイントからドラフト上位は確実と言え、明治大・山崎福也投手や法政大・石田健大投手など、大学生のドラフト候補左腕投手の状態が春のままだったら、田嶋投手をその上に据える球団もあるだろう。

 

 高橋光成投手や安楽智大投手などが予選で敗退し「みんな負けちゃってびっくりしている。甲子園にだれが来るのか楽しみ」と話した田嶋投手、心は既に甲子園にある。

 今大会、初先発。それでも、同じセンバツ出場校の白鴎大足利を寄せ付けなかった。最速144キロの直球に、縦、横、斜めの3種のスライダーを投げ分け、カーブもまぜ散発の3安打で仕留めた。三振は8と物足りなさは残ったが、安定感は十分だった。 

 中略 

 ネット裏からはプロ6球団のスカウトが見守り、順調さに目を細めた。「締めるところがわかっている」とは西武・前田チーフスカウト。

  ともに今センバツに出場した相手。「3~5番打者には警戒しました」と特に強く意識したのは2年生の3番打者・大下誠一郎左翼手(2年)。センバツで1試合4二塁打を放つなど、乗せるとやっかいな相手だった。3度対戦し、1四球を与えたが、2本の三塁ゴロに封じた。直球に合わせにきたところを変化球でタイミングをずらし、うまくかわした。「捕手(の佐川)と話し合ってきました。理想通りでした」と振り返った。好投が打線のリズムを呼び、7回コールドと圧倒した。

 独特な緊張感を持ちながら、今大会初先発で期待に応えた。直球は最速144キロ。序盤は抜けた変化球も徐々に修正した。この日も6球団のスカウトが視察。阪神の葛西スカウトは「柔らかさと強さを持った投手。直球の質がいい」と評した。


PAGE TOP