山形中央・石川直也投手が147km/h記録もノックアウト、阪神スカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 小松高校と対戦した山形中央、先発したのは191cmで最速146km/hを投げる石川直也投手だった。しかし4回途中までに6失点でノックアウトされる苦い投球となった。

147km/h記録

 石川直也投手は山形大会では10球団のスカウトが視察に来るなど注目されていた。山形大会決勝で初先発し12奪三振2失点で勝利するなど実績を残し始めたものの、まだ素質型としての選手として評価をされている。

 この日は先発を任されたものの、初回に四球から1失点、2回に2つの四球を与えて何とか無失点に抑えたものの、3回は5本のヒットを浴びて4失点、3回2/3を投げて7安打5四死球で6失点、三振もわずかに2つという内容で降板した。

 体が開いていたり、セットポジションながらのクイックができずに盗塁を許すなど課題は多いものの、球速は今大会最速の147km/hを記録、1イニングに1球あるかどうかではあるが、ものすごいストレートを見せていた。これまで日本文理の飯塚悟史選手や、大分の佐野皓大投手などの右腕が投げたが、ストレートに関しては今のところ一番良い物を持っていると感じた。

 

阪神スカウトが評価

 この日のピッチングを見て阪神の葛西スカウトは「191cmもあって角度がある。フォークもある」と話した。素質は十分という所だろう。

 チームが勝利し、再び登板の機会がある。そのピッチングに注目をしたいが、今のところはプロ球団も育てるのに時間をかけたいところで、ドラフト会議では育成選手としての指名となりそうだ。

 

佐藤投手が好投

 この日は2番手で登板した佐藤僚亮投手が好投した。5回1/3を投げて2安打7奪三振、6四死球で2失点したものの、チームの大逆転勝利に大きく貢献した。170cmと小柄だが141km/hの力のある球を投げていた。2年生という事もあり楽しみな投手。

 打たれたとはいえ、自己最速を2キロ更新する147キロを計測。「191センチもあって角度がある。フォークもある」(阪神・葛西スカウト)と、将来性へのプロの注目度は高い。「1回死んだと思って、もっと攻める投球をしたい」と石川。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント